‘19.4.18こぶしリリイベラクーア【Met現場レポ&メモ】こぶしファクトリー 7thシングル「Oh No 懊悩/ハルウララ」発売記念イベント ラクーアガーデンステージ

      2019/04/29

2019年4月18日に東京ドームシティ ラクーアガーデンステージで開催された『こぶしファクトリー 7thシングル「Oh No 懊悩/ハルウララ」発売記念イベント』に行ってきました。

こぶしファクトリーのシングルリリースイベントは約1年ぶりの参加。

1部だけですがレポしていきます。

 

こぶしファクトリー 7thシングル「Oh No 懊悩/ハルウララ」発売記念イベント

セットリスト

リハーサル

1. ハルウララ

 

イベント1部

1. 明日テンキになあれ
 MC1
2. ハルウララ
3. 急がば回れ
4. バッチ来い青春!
5. 念には念
 MC2
6. Oh No 懊悩




気になったところ

1. 明日テンキになあれ

個人的な話ですが、ラクーアガーデンステージに初めて行ったのが「これからだ!/明日テンキになあれ」の発売記念イベントです。

▼関連記事
[現場レポ]こぶしファクトリー 5thシングル「これからだ!/明日テンキになあれ」発売記念イベント東京ドームシティ・ラクーアガーデンステージ

あれ以降さまざまな会場でこの曲を聴いてきましたが、やはりラクーアガーデンステージのパワフルな音響で聴く『明日テンキになあれ』に勝るものはないなと再確認しましたw

さらにスキルを上げてきたメンバーたちによるパフォーマンスで当時の記憶を塗り替えてくれました。

 

3. 急がば回れ

『ハルウララ』などではハモリを武器としている最近のこぶしファクトリー。

しかし『急がば回れ』はメンバー全員がユニゾンで歌うシーンが多い曲ということで、かつての8人時代を思わせる迫力あるパフォーマンスでした。

 

5. 念には念

Aメロの野村みな美ちゃんやラストサビ前のソロパートなど、がなり声でおなじみだったところがキレイに歌い上げられていました。

メンバーの歌唱力に成長がみられると同時に、原曲からのイメージはかなり変わったなぁと思います。

 

6. Oh No 懊悩

広瀬彩海ちゃんパートのBメロなど、これまでのこぶしファクトリーには見られなかったような歌い方がたくさん盛り込まれています。

『念には念』のように過去の曲が難なく歌えるようになったということで、この『Oh No 懊悩』が現在のこぶしファクトリーの全力を引き出せる曲として披露されてるんじゃないかと思いました。




セットリストごとのメモ

1. 明日テンキになあれ

  • マイクスタンドを持って登場
  • やっぱりラクーアの音響で聴くのが最高

 

MC1

  • メンバーカラーと名前の自己紹介
  • 後ろのスクリーンにはメンバーカラー・名前・ビジュアル
  • 普段はストレートが多い井上玲音ちゃんがグルグル巻きの髪で登場、髪のアイロンをカバンに入れてたら財布を出すときにバッグから飛び出したままで恥ずかしい思いをしたらしい
  • ハルウララの紹介、全員がコーラスやハモリをしているところに注目してほしいとのこと

 

2. ハルウララ

  • メインボーカルが増えた和田桜子ちゃんにハモる広瀬彩海ちゃんという組み合わせがサビでしっかり楽しめる

 

3. 急がば回れ

  • ハモリが多い最近のこぶしファクトリーに対し、メンバー全員がユニゾンで歌うかつてのチカラ強いパフォーマンス

 

4. バッチ来い青春!

  • 東京ドームの近くでこの曲を歌えたのは広瀬彩海ちゃんにとって喜ばしいことなのか?この日は嵐のコンサートやったけどw

 

5. 念には念

  • 多分(念入りVer.)じゃなかったと思う
  • がなり声がほとんどなくキレイに歌っていることで、原曲からのイメージがかなり変わった

 

MC2

  • ライブツアーと5月のホールコンサート、CDリリースのお知らせ
  • 野村みな美ちゃんによる『Oh No 懊悩』の振り付けレクチャー、かなり丁寧に教えたのち「本番は今の100倍のテンポ」

 

6. Oh No 懊悩

  • 屋内の会場よりもビートが重くてノリやすかった
  • 音に馴染みながらも、低く響いて体に入り込んでくるBメロの広瀬彩海ちゃんパート
  • 過去の曲がかるく歌えるようになった今のこぶしファクトリーにとっての全力というカンジ

皆様の意見、間違った内容の指摘などがあればコメントください。

 - ハロプロ現場レポ, こぶしファクトリー ,