さすがのパンダさんパワーやで〜。娘。’19秋ツアー高松公演行ってきた【Met現場レポ】モーニング娘。 19コンサートツアー秋 ~KOKORO & KARADA~ ‘19.11.09 香川・レグザムホール

      2019/11/19

2019年11月9日に香川・レグザムホールで開催された『モーニング娘。 19コンサートツアー秋 ~KOKORO & KARADA~』に行ってきました。

15期メンバーにとっては初参加となる今回のツアー。

しっかり観察してきたのでレポしていきます!

 

動画が表示されない方はコチラ

 

モーニング娘。 19コンサートツアー秋 ~KOKORO & KARADA~

セットリスト

11月9日 香川・昼公演

 OP
01. KOKORO & KARADA
02. 人生Blues
03. 負ける気しない今夜の勝負
04. 青春 Say A-HA
05. わがまま 気のまま 愛のジョーク
 MC1
06. シャボン玉
07. その場面でビビっちゃいけないじゃん?
08. グルグルJUMP
09. ボン キュッ!ボン キュッ!BOMB GIRL
 MC2
10. One and Only / 野中・牧野・羽賀
11. 自信持って 夢持って 飛び立つから / 加賀・横山・森戸
12. 冷たい風と片思い / 譜久村・生田・石田・佐藤・小田
13. 好きな先輩 / 北川・岡村・山﨑
14. 雨の降らない星では愛せないだろう?(野中ピアノ)
15. 恋のダンスサイト
 MC3
16. メドレー
 ▶︎ HOW DO YOU LIKE JAPAN?〜日本はどんな感じでっか?〜
 ▶︎ ブレインストーミング
 ▶︎ 女が目立ってなぜイケナイ
 ▶︎ TOKYOという片隅
 ▶︎ 直感2〜逃した魚は大きいぞ!〜
 ▶︎ ドッカ〜ン カプリッチオ
 MC4
17. One・Two・Three
18. Are You Happy?
19. I surrender 愛されど愛
20. What is LOVE?
 アンコール
20. Hey! Unfair Baby
 MC5
21. 青春Night

 

11月9日 香川・夜公演

 OP
01. KOKORO & KARADA
02. 人生Blues
03. 負ける気しない今夜の勝負
04. 青春 Say A-HA
05. わがまま 気のまま 愛のジョーク
 MC1
06. ジェラシー ジェラシー
07. 自由な国だから
08. セクシーキャットの演説
09. ロマンスに目覚める妄想女子の歌
 MC2
10. 抱いてよ!HOLD ON ME / 譜久村・生田・石田・佐藤・小田
11. ROCKの定義 / 加賀・横山・森戸
12. 私の時代! / 野中・牧野・羽賀
13. 好きな先輩 / 北川・岡村・山﨑
14. 雨の降らない星では愛せないだろう?(佐藤ピアノ)
15. ザ☆ピ~ス!
 MC3
16. メドレー
 ▶︎ HOW DO YOU LIKE JAPAN?〜日本はどんな感じでっか?〜
 ▶︎ ブレインストーミング
 ▶︎ 女が目立ってなぜイケナイ
 ▶︎ TOKYOという片隅
 ▶︎ 直感2〜逃した魚は大きいぞ!〜
 ▶︎ ドッカ〜ン カプリッチオ
 MC4
17. One・Two・Three
18. Are You Happy?
19. I surrender 愛されど愛
20. What is LOVE?
 アンコール
20. Hey! Unfair Baby
 MC5
21. 青春Night

 

今回の見どころ

  • 初めてのコンサートツアー参加となった15期メンバーの3人
  • 今回のツアーで初披露された新曲
  • 相変わらずの主力メンバーたち
  • 注目の中堅メンバーたち

以上4つの見どころについて、詳しく語っていきます。




初めてのコンサートツアー参加となった15期メンバーの3人

今回のお目当ては、なんと言っても15期メンバーではないでしょうか。

6月にモーニング娘。へ加入したばかりである以下の3人が、万を辞してツアーに初参加しました。

  • 北川莉央ちゃん
  • 岡村ほまれちゃん
  • 山﨑愛生ちゃん

▼関連記事
ついにモーニング娘。の15期メンバーが決定!研修生北海道の快進撃とこれから【新メンバー・山﨑愛生ちゃん】

 

個人的にイチバン注目していたのは、ハロプロ研修生北海道時代から見守っていた山﨑愛生ちゃん。

パフォーマンス中の眩しい笑顔は相変わらずといったカンジで、研修生での活動がしっかり活きています。

またパンダさん好きキャラが功を奏してか、白黒のボンボンが付いた2つ結び姿をさせてもらっていました。

「いくら個性的な山﨑愛生ちゃんでも、モーニング娘。では埋もれてしまうのではないか?」という不安があったものの、登場からかなりの存在感を発揮しており心配には及びません。

 

岡村ほまれちゃんもステージ慣れを感じさせる動きで、堂々とした雰囲気がありました。

しかし山﨑愛生ちゃんと大きく違うのは表情に柔軟さがあるところで、多彩な顔色を見せてくれます。

会話の受け答えは可愛らしいアイドルそのもので、おまけにビジュアルや仕草は幼いという徹底っぷり。

新メンバー随一の人気もうなずけるなぁと思います。

 

対して北川莉央ちゃんはほかの2人に比べるとまだまだ表情が硬い印象でした。

しかしそんなメンバーが『恋のダンスサイト』や『直感2~逃した魚は大きいぞ!~』のようなつんく♂さん手がけるダサかっこいい曲で殻を破っていく様こそ、新メンバーがモーニング娘。に加入する醍醐味というもの。

驚くことに動きはしっかりしており、すぐに小田さくらちゃんのような細かい表現で魅せていけるメンバーになりそうな気がします。

 

三者三様の魅力があり、今後が楽しみですね。

 

今回のツアーで初披露された新曲

今回のツアーでは、以下の2曲が初披露されました。

01. KOKORO & KARADA
20. Hey! Unfair Baby

 

ツアータイトルにもなっている1曲目『KOKORO & KARADA』は、秘めたる感情が溢れ出したような純愛ソング。

つんく♂さん作詞作曲のつばきファクトリー『デートの日は二度くらいシャワーして出かけたい』でもみられた、2つの歌詞が同時に進行する手法が使われています。

『KOKORO & KARADA』ということで、内面と外面それぞれの感情が渦巻くさまが表現されていました。

またブレイクが多く入っており、”静”と”動”が強調されていたのも印象的です。

 

アンコール明け1曲目の『Hey! Unfair Baby』はつんく♂さんらしく強いメッセージ性がありながらも、15期メンバーを加えたモーニング娘。を意識してなのか明るく前向きなイメージの曲。

岡村ほまれちゃんと山﨑愛生ちゃんには「変わらなきゃ」というセリフがあり、北川莉央ちゃんは間奏で綱引きシーンを始めるときの掛け声を担当しています。

3人それぞれに目立ちどころがあり、15期メンバー初参加のツアーにはふさわしいパフォーマンスでした。




相変わらずの主力メンバーたち

モーニング娘。といえば長らく中心メンバーが固定されています。

いま主力となっているのは以下の4人が多いのではないでしょうか。

  • 譜久村聖ちゃん
  • 石田亜佑美ちゃん
  • 佐藤優樹ちゃん
  • 小田さくらちゃん

ココは相変わらずといったカンジで、どの曲でも歌割が多く与えられていました。

 

とくに10期メンバーの2人はその地位を確固たるものにしてきたなぁと思います。

石田亜佑美ちゃんはサブリーダーとして15期メンバーたちのダンスレッスンをつける動画が公開されていましたが、教育者としても刺激があったのか以前にも増して張りきっているイメージでした。

いっぽうの佐藤優樹ちゃんはピアノを弾くシーンが準備されており、最近ではあまり見ることのできない真面目な姿を見せてくれました。

 

そんな中、今回のツアーでは主力の4人に生田衣梨奈ちゃんが加わったお姉さんグループとして活躍するシーンもありましたね。

とくにユニット別でパフォーマンスをするコーナーでは、以下の2曲を5人で披露しています。

【昼公演】12. 冷たい風と片思い / 譜久村・生田・石田・佐藤・小田
【夜公演】10. 抱いて HOLD ON ME! / 譜久村・生田・石田・佐藤・小田

『冷たい風と片思い』はバラード調にアレンジされており、生田衣梨奈ちゃんには珍しくかなりしっかりとしたソロパートがあったのが印象的でした。

サブリーダーとしてはもちろんのこと後輩メンバーたちの層が厚くなったことがあり、今後は生田衣梨奈ちゃんも主力メンバー群に食い込むのが鉄板化されていくんじゃないかと思います。

 

注目の中堅メンバーたち

グループを支える中堅メンバーたちからも目が離せません。

特にココ1、2年で注目しているのが、グループの主力に食い込みつつある野中美希ちゃんと森戸知沙希ちゃんです。

今回のツアーで披露される全体曲では、残念ながら2人が群を抜いて推されるというパフォーマンスはなかったように思いました。

 

そんななか野中美希ちゃんは佐藤優樹ちゃんとの回替りでピアノを弾いたり、12期メンバー3人で披露する『One and Only』では流暢な英語パートを披露してくれます。

期待していた主力としての活躍は見れませんでしたが、個性を発揮できるシーンが多く与えられていたと考えれば恵まれていたほうだったんじゃないでしょうか。

 

12期メンバーでいうと羽賀朱音ちゃんは『私の時代!』で道重さゆみちゃんを思わせる可愛らしい歌声を披露し、愛嬌ポジションに王手を打ちます。

しかしそこに待ったをかけたのが、シャボン玉でがっつりセリフをもらっていた横山玲奈ちゃん。

13期・14期で披露した『ROCKの定義』は”れいな”つながりを思わせる選曲をしており、コチラも愛嬌売りとしてなかなかの目立ち方でした。

 

そのほかのメンバーについては動画で詳しく語ります。

 

購入したグッズ

https://twitter.com/met_hell/status/1193013954664001536

生田衣梨奈ちゃんの野中美希ちゃんの日替わり写真を購入。

パンダさんパワーパーカーを着て参戦していたところ、まさかの生田衣梨奈ちゃんパンダさんポーズでビビりましたw

推し変してるわけじゃないんで許してくださいm(_ _)m

 - ハロプロ現場レポ, モーニング娘。 ,