現場レポ [ つばきファクトリー 2ndシングル発売記念ミニライブ&握手会イベント 7/17 ]

ハロプロ現場レポ

7月17日に大阪・あべのキューズモールで行われた『つばきファクトリー 2ndシングル発売記念ミニライブ&握手会イベント』に行ってきました。

だいぶ前のイベントですが、レポしていきますw

 

本日は動画なしです、スミマセン。

 

 

平和な現場

 

ふだんモーニング娘。のイベントでくるキューズモールは、人が多くてとにかくバタバタしてるイメージがあります。

今回は平和でしたね、イイつばき現場デビューになりましたわ。

 

早朝から並ぶということもなく、CD販売時刻ぐらいの現場入り。

ちゃっかり良番

左サイド最前へ。

 

まずは阪神のユニフォームをきたスタッフによる前座。

スタッフも大変ですよね。

女の子を見たくて来てるヲタクたちに、一人でトークを披露するなんて。

スマホで台本らしきものを読んで、必死に準備してましたよwww

 

あんまり内容は覚えてないんですけども。

「スタッフのユニフォームをみた少年が、阪神戦を見に行きたいと駄々こねだした。すみません。」

みたいなかんじ、野球ネタなんでヲタクは喜んでました。

以上、阪神おじさんでした。

 

ミニライブ

 

さて本編。

今回は1部のみの参加です。

 

セトリ

 

01. 泡沫サタデーナイト!
02. 初恋サンライズ

ーMC

03. 就活センセーション
04. 笑って
05. ハナモヨウ

ーMC

06. ジリリ キテル

 

無銭イベにしては盛りだくさんな内容ですね。

 

01. 泡沫サタデーナイト!

 

まさかの選曲ですね。

ヲタクもどよめいてました。

 

つばきファクトリーが絶好調であるというノリはわかるんですよ。

しかしセリフ部分がなにを言ってるのか全く聞こえませんでしたw

けっこうアドリブかましてたっぽいんですが、やはり音響には恵まれませんね。

 

↓デジャブ

現場レポ [Hello! Project 研修生発表会 2017 6月~June Tripper!~]
6月4日に大阪・Zeppなんばで行われた『Hello! Project 研修生発表会 2017 6月~June Tripper!~』に行ってきました。 多くのメンバーが欠席している影響か、いつもより埋まってなかった印象です。 そ...

まぁキューズモール自体、セットの準備難しそうですからねぇ。

トークイベントは難聴であることがおおいです。

 

02. 初恋サンライズ

 

『笑って』衣装だったのですが、腰ひもがほどけまくってました。

さすがにサンライズジャンプを想定した作りにはなってないですわw

幅広い路線というのも考えものですね。

 

そこそこ激しい踊りをしながら、ひもを結ぶメンバーたち。

あぁ~^えぇやん

頑張ってるすがたを応援しながらも、結べないという結末を期待するヲタク←




 

03. 就活センセーション

 

これまた『笑って』衣装ではあぶないダンス

あぁ~^前も後ろも

リクルートスーツじゃなくてもいいんですね。

 

なぜか谷本安美ちゃんは常時爆笑。

ライブならではですね。

 

↓詳しく語りました。

話題のコラボ!つばきファクトリー『就活センセーション』MVを語る
7月26日に発売される つばきファクトリー・2ndシングルから『就活センセーション』のMVが公開されましたね! 中島卓偉さんとダンス☆マンさんが手がけたと話題の曲、語っていきたいと思います。

 

04. 笑って

 

この曲はロボットっぽさを意識した場面があるわけですが、小野田紗栞ちゃんはずっとロボットですw

ほかの曲でもそうですが、再現性が高くてMVに最も近いパフォーマンスをしますよね。

よく言えば、安定感があるということです。

 

対する小片リサちゃんは、ロボットっぽさと人間っぽさの使い分けが上手い。

ふだんから表情を使い分けてるイメージがあるので、ココで活きましたね。

 

↓詳しく語りました。

自分らしく生きたいワイが、つばきファクトリーの『笑って』を語る
いよいよ、つばきファクトリーの2ndシングルが7月26日に発売されます。もう間近ですね! そんな2ndシングルから『笑って』について語りたいと思います。

 

05. ハナモヨウ

 

この日はまだ、浅倉樹々ちゃんがヘルニアにより休養中でした。

この曲だけが唯一、8人で完成系のダンスでしたね。

 

どうりでキレイと思ったわけですよ。

メンバーが花びらを模して、1枚ずつちぎれていく部分とか。

ここに浅倉樹々ちゃん加われるんかと心配になるくらいキレイなフォーメーションでしたから。

 

とはいっても復帰したら入るんですよね、どうするんでしょうか。

佐藤優樹ちゃんの復帰時みたいに、すんなりと戻ってこれることを祈りますね。

 

記事紹介

↓詳しく語りました。

ワイ*カタリマス つばきファクトリー『ハナモヨウ』を分析・考察してみた。
7月26日に、つばきファクトリーの2ndシングルが発売されました! 今回はそのなかから『ハナモヨウ』について語りたいと思います。

 

06. ジリリ キテル

 

古参ヲタク「キターーー!!!」

周り「(フフフ)」

 

わかりますよ、わかります。

やはりつばきファクトリーが継承すべき曲だとおもいますわ。

リクルートスーツだったら、よりシリアスさが増したんでしょう。




握手会

 

接触自体かなり久々です。

「頑張ってください」というのは違和感がありましたし、他のヲタクになんて言われるかわかりません。

とりあえず感謝を伝えることに。

 

Met「初めてきました、楽しかったです。」
小片「ありがとうございます、またきてください」

やはり表情の使い分けがうまく、お仕事感ありましたw

これぞアイドルですよ。

 

Met「楽しかったです!」
秋山「ありがとうございます^^」

雰囲気やわらかいですよね。

はじめて研修生でみたときはもっと厳格なお嬢さんというイメージでしたから。

 

Met「楽しかったです、ありがとうございました。」
岸本「ありがとうございます」

人間としての迫力を感じました。

そこからくる言葉の意志か、ちゃんと会話をしてるなぁというコミュニケーション上の安心感があります。

 

Met「来て良かったです、ありがとうございました。」
新沼「フフフwありがとうございます」

きそらが笑ってる・・・

めちゃ塩覚悟してましたからね。

「やっと来たか」みたいな態度にも見えて、逆に怖かったですけどもw

まぁやられましたわなぁ、推します。

 

Met「楽しかt・・・ちょw」
小野田「(グギギ)」

例の強いホールド。

ウワサにはきいてましたが、まさかこんなに強いとはwww

対話でヲタクを喜ばせるのがニガテだからやってるんでしょうか、うまい打開策だとおもいます。

表情が一切変わらないのもあって、新鮮さを感じました。

 

Met「楽しかったです、ありがとうございました」
谷本「ありがとうございま~す(爆笑)」

ずっと笑ってますよね。

それでヲタクは喜びますから、正解。

 

Met「楽しかったです、ありがとうございました。」
小野「ありがとうございます!」

ふつーにしてたら、どんどん握手でヲタク稼ぎますよ。

おじさまキラー感ありますし。

要注意です。

 

Met「楽しかったです、ありがとうございました。」
山岸「ありがとうございました。」

対応が悪いということはないのですが、どこか哀愁ただよってます。

捨てられた子犬みたいな目を最後にむけてきますから、ループ欲が増すんでしょうか。

 

なにが悲しいって、だいたいのヲタクはその目を見ることなく出て行くんですよ。

そんな儚いすがたを外からみてると、応援したくなりますやん。

 

おまけ

トレカは浅倉樹々ちゃんでした。

 


 

皆様の意見、間違った内容の指摘などがあればコメントください。

にほんブログ村 芸能ブログ ハロー!プロジェクトへ
にほんブログ村
↑ポチってくれると励みになります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました