‘19.03.11J=Jカントリーやなみん卒コン【Met現場レポ】Juice=Juice&カントリー・ガールズ LIVE〜梁川奈々美 卒業スペシャル〜 東京公演(セトリ有)

      2019/05/23

2019年3月11日に東京・ZeppTokyoで行われた『Juice=Juice&カントリー・ガールズ LIVE〜梁川奈々美 卒業スペシャル〜』に行ってきました。

いよいよ梁川奈々美ちゃんの卒業となったこの公演、レポしていきます。

 

動画が表示されない方はコチラ

 

Juice=Juice&カントリー・ガールズ LIVE〜梁川奈々美 卒業スペシャル〜

セットリスト

メンバー登場
 MC1. 和田からの手紙
 映像 / Juice=Juice
01. Fiesta! Fiesta! / Juice=Juice
02. ロマンスの途中 / Juice=Juice
03. TOKYOグライダー / Juice=Juice
04. 微炭酸 / Juice=Juice
 MC2  / Juice=Juice
05. SEXY SEXY / Juice=Juice
06. あばれてっか?!ハヴアグッタイ / Juice=Juice
07. Never Never Surrender / Juice=Juice
08. CHOICE & CHANCE / Juice=Juice
09. 禁断少女 / Juice=Juice
10. Vivid Midnight / Juice=Juice
 MC3 / Juice=Juice
11. シンクロ。 / Juice=Juice
 映像 / カントリー・ガールズ
12. かえるのうたサックス / 梁川奈々美
13. 涙のリクエスト / カントリー・ガールズ
14. ブギウギLOVE / カントリー・ガールズ
 MC4 / カントリー・ガールズ
15. 愛おしくってごめんね / カントリー・ガールズ
16. 恋はマグネット / カントリー・ガールズ
17. 恋泥棒 / カントリー・ガールズ
18. 弱気女子退部届 / カントリー・ガールズ
 MC5 / カントリー・ガールズ
19. 浮気なハニーパイ’15 / カントリー・ガールズ
20. Good Boy Bad Girl / カントリー・ガールズ
21. 妄想リハーサル / カントリー・ガールズ
22. リズムが呼んでいるぞ! / カントリー・ガールズ
23. 女の子の取り調べタイム♡ / カントリー・ガールズ
 アンコール
 MC6. 梁川からの手紙
24. 気ままな片思い / 梁川奈々美
 MC7. メンバーから梁川への言葉
25. Good bye & Good luck! / Juice=Juice
26. VIVA!!薔薇色の人生 / カントリー・ガールズ
 MC8 / 全員
Wアンコール / 梁川奈々美

 

今回の見どころ

梁川奈々美ちゃん卒業を控えたライブの最終日です。

セットリストが大阪公演と少しだけ違っていたり、卒業セレモニーなどが追加されていました。

大阪公演との違いは以下のとおり。

  • 最初のMCでハロプロリーダーの和田彩花ちゃんが登場し、梁川奈々美ちゃんへの手紙を読み上げた
  • Juice=Juiceブロックに『微炭酸』が追加されていた
  • アンコール後、梁川奈々美ちゃんからの手紙とソロパフォーマンスがあった
  • メンバーたちから梁川奈々美ちゃんへの言葉があった
  • ダブルアンコールで梁川奈々美ちゃんが登場した

▼大阪公演のレポはコチラ
‘19.02.14J=Jカントリー大阪【Met現場レポ】Juice=Juice&カントリー・ガールズ LIVE Zepp Namba




セットリストごとのレポ

MC1. 和田からの手紙

最初のMCで梁川奈々美ちゃんが今日の意気込みを語ったのち、ゲストとしてハロプロリーダーの和田彩花ちゃんがステージに登場。

梁川奈々美ちゃんにあてた手紙を読んでくれました。

カントリー・ガールズ加入時の個性的なキャラクターからJuice=Juice兼任での成長と衝撃、卒業後への期待などを語ります。

ハロプロ研修生時代の話は出なかったですが、デビュー後の活動を見守ってきた先輩として梁川奈々美ちゃんのアイドル人生を振り返ってくれました。

 

04. 微炭酸 / Juice=Juice

東京公演では『微炭酸』がセットリストに追加されていました。

8人体制でのラストとなる最新シングル曲なので、むしろ大阪で披露しなかったのが不思議なくらいです。

ただ今回は梁川奈々美ちゃんもセットリスト選びに携わったとのこと。

『微炭酸』は梁川奈々美ちゃんがそこまで推されてない曲なので、事務所の意向で加えられたのかもしれませんね。

 

MC2  / Juice=Juice

大阪公演と同じく、金澤朋子ちゃんが仕切ってのトークです。

まず段原瑠々ちゃんがここまでのパフォーマンスについて「『Fiesta! Fiesta!』は(梁川奈々美ちゃんと)2人にとっての初シングルなので、大切に歌いました。」と語っていました。

また梁川奈々美ちゃんは今日で卒業することへの実感について「今朝の方があった。今はとにかく楽しい。」と語ってくれます。

まだまだ序盤ということで、しんみりした空気はありません。

 

05. SEXY SEXY / Juice=Juice

やなみん曲の代表ともいえるパフォーマンス。

しょっぱなメンバーたちにまとわりつかれる梁川奈々美ちゃんの姿も、これが最後なのかと思うと寂しくなってきます。

まいど注目してしまう落ちサビ前のあごクイでは、どこか嬉しそうな植村あかりちゃんの表情が見られました。

新メンバーの加入によってもっとも成長したと個人的に思うのが植村あかりちゃんだったので、寂しさや感謝などいろんな気持ちが混じった微笑みに見えましたね。

 

06. あばれてっか?!ハヴアグッタイ / Juice=Juice

2番のBメロを歌う宮本佳林ちゃんが「やなちゃん超カワイイよ」とアドリブを入れます。

そのあとに続く宮崎由加ちゃんの「そんなんじゃ足んな〜い!!」もイイ感じに決まってましたw

ライブ全体を通して宮本佳林ちゃんが大阪公演よりも好調だったイメージで、歌声も扁桃炎から完全に復活しています。

万全の体制で梁川奈々美ちゃんを送り出せていましたね。

 

09. 禁断少女 / Juice=Juice

イントロが始まった瞬間、すこし涙目になるメンバーたち。

やはり8人体制といえばこの曲ということで、初の卒業をむかえるグループとしては感慨深いものがあるハズです。

とくに高木紗友希ちゃんと段原瑠々ちゃんが涙をこらえながらCメロにむかう姿にやられました。

大阪公演と同様、このシーンが一番泣けましたねw

 

MC3 / Juice=Juice

Juice=Juiceブロックも残すところ1曲となった中でのMC。

梁川奈々美ちゃんがココまで歌ったセットリストを思い返しながら「ハロプロ研修生時代に実力診断テストで披露した『ロマンスの途中』を、まさかJuice=Juiceとして披露するとは思わなかった」と語りました。

ハロプロ研修生の加入時から見てきたヲタクにとっては、激動だった梁川奈々美ちゃんのアイドル活動を走馬灯のようによみがえらせる一言でしたね。

 

11. シンクロ。 / Juice=Juice

こちらも『禁断少女』同様、8人体制としての思い入れが強いパフォーマンス。

じっくりと歌う曲なので、涙ながらに歌う姿につられて他のメンバーたちも泣くというシーンが印象的です。

ここでも高木紗友希ちゃんや段原瑠々ちゃんなどの歌唱を武器とするメンバーが真っ先に泣いていたので、見てる側もすぐに涙腺がやられましたね。

 

最後はメンバーたちが花道のように並び、その間を梁川奈々美ちゃんが抜けながら階段を降りてくるという演出があります。

並んでいるメンバーたちは梁川奈々美ちゃんの顔を直視できないというカンジでしたが、当の梁川奈々美ちゃんは満面の笑みでJuice=Juiceブロックを締めてくれました。

 

12. かえるのうたサックス / 梁川奈々美

カントリー・ガールズブロックの1発目は梁川奈々美ちゃんによる『かえるのうた』のサックス演奏。

大阪公演では中盤ですこし手こずるシーンがありましたが、この日はスラスラとサックスを吹いていきます。

結局ノーミスということで最後にみごとな演奏を見せてくれました。

 

MC4 / カントリー・ガールズ

サックスの演奏を終え、ホッとした様子で「山場は越えた」と語る梁川奈々美ちゃん。

なんでもここ1週間はみっちりサックスの練習をしていたそうで、そこが一番の緊張ポイントだったらしいです。

ここ数日間は「世界で一番『かえるのうた』に悩まされた人間だった」と言ってましたねwww

しかしノーミスで演奏ができたということで「最高のものを見せれた」と安心していました。

 

またここまでのセットリストを振り返る梁川奈々美ちゃん。

自身にとっての初シングルだった『ブギウギLOVE』の「目立ちすぎているポニーテール」という歌割を、ようやくポニーテールで歌うことができたと嬉しそうに語ります。

すると横から「そこの歌割は私にくると思ってた」と、当時ポニーテールでおなじみだった森戸知沙希ちゃん。

さらに山木梨沙ちゃんが「それを言ったら『小生意気ガール』で「七の段言えない」のところが私じゃなくてマジかと思った」と続きます。

極めつけは船木結ちゃんが「それを言ったら〜、『涙のリクエスト』のサックスは絶対に私だと思ってたけど。・・・え??」とオチをつけましたwww

「どの歌割も大人の人が頑張って考えてくれてますから…」ということで強引にトークを切りあげて曲にうつります。

 

22. リズムが呼んでいるぞ! / カントリー・ガールズ

大阪公演と同様、梁川奈々美ちゃんの先導によるコール&レスポンスがありました。

山木梨沙ちゃんが可愛く、森戸知沙希ちゃんはカッコよくと続きます。

”セクシーに”という指示がでた船木結ちゃんは「パンパンパンパンSEXY SEXY、パンパンパンパンCRAZY」と、Juice=Juiceの『SEXY SEXY』の歌詞を使っていました。

今回のライブはせっかくの合同で行なっているのに全員で歌う曲がないという不満もありましたが、こういった形でグループの枠を越えたコラボが観れたのはかなり嬉しかったですね。

 

また”わたしっぽく(梁川奈々美ちゃんっぽく)”という指令がでた小関舞ちゃん。

「パンパンパンパンおとぎの国から、パンパンパンパンこんにちは」というコールで、うまく梁川奈々美ちゃんのヲタクたちを沸かせます。

すみずみまで梁川奈々美ちゃん要素を詰め込んだパフォーマンスでしたw

 

23. 女の子の取り調べタイム♡ / カントリー・ガールズ

カントリー・ガールズブロック最後の曲ですね。

ここまで笑顔で歌ってきたメンバーたちでしたが、落ちサビで船木結ちゃんが涙をこぼします。

5人で集まって肩を抱き合ったり仲良く写真を撮るシーンですね。

まさにそんな関係だったメンバーとのパフォーマンスが今日で最後になると考えれば、さすがのカントリー・ガールズでも涙なしでは歌えなかったようです。

 

MC6. 梁川からの手紙

アンコール後、ドレスに身を包んだ梁川奈々美ちゃんが1人で登場します。

卒業ライブということで準備してきたという手紙を読んでくれました。

 

梁川奈々美ちゃんのアイドル人生はかなり密度の濃い怒涛の約4年間だったと思います。

しかし辛かったことや苦しかったことはほとんど語らず、感謝の気持ちが多くつづられた手紙でした。

Juice=Juiceのメンバーたちは”お姉ちゃん”と表現し、よく甘えさせてもらっていたらしいです。

一方のカントリー・ガールズは”家族”と表現し、離れても心が繋がっていたとのこと。

もしかすると、兼任体制がこれらの関係をより強めていたのかもしれませんね。

 

またファンに対しては「インドア派の私がこんなにたくさんの人に愛してもらえるなんて思っていなかった、一生分の夢と希望と愛をもらった」と語ってくれます。

梁川奈々美ちゃんらしく謙虚ながらも、しっかりとヲタクの愛を受け取ったうえでの言葉でした。

 

24. 気ままな片思い / 梁川奈々美

梁川奈々美ちゃんによるソロパフォーマンス。

『気ままな片思い』といえばミッツ・マングローブさんが嗣永桃子ちゃんのために提供した楽曲ですね。

最後までアイドルとしてのイメージを崩さず卒業しようとする梁川奈々美ちゃんの姿は、嗣永桃子ちゃんと重なる部分がたくさんありました。

おそらく本人もかなり意識しているハズなので、この選曲にも納得です。

 

とはいえまだ17歳ですし、滑舌の甘さもあって幼さを感じる歌声。

未熟な部分が見えたことで卒業を惜しむ気持ちがさらに膨らみました。

 

MC7. メンバーから梁川への言葉

Juice=Juiceとカントリー・ガールズのメンバーたちから梁川奈々美ちゃんに言葉を述べます。

まずはJuice=Juiceメンバーたちからのメッセージ。

 

とりあえずイチバン泣いたのは段原瑠々ちゃんです。

まだ卒業への実感がなさそうだったり、いつものように稚拙で真っすぐな言葉が余計に響きました。

最後の「ありがとう」3連発にはいろんな思いが詰まってるんだろうなぁと考えると、涙なしでは見られませんでしたね。

 

また植村あかりちゃんが最年少という立場から梁川奈々美ちゃんが後輩になったことで意識の変化があったことや、宮本佳林ちゃんが自らを”憧れ”と言ってくれる梁川奈々美ちゃんと同じグループで活動できて喜しかったことなど、メンバーがそれぞれの思いを語ります。

同じく卒業が決まっている宮崎由加ちゃんにとっては、最初で最後となるメンバーの送り出し。

「カントリー・ガールズとの兼任で大変だったと思うけど、しっかりもののやなみんが甘えられる存在になれたらと思っていた。甘えてくれてありがとう。」という言葉が印象深かったです。

初のメンバー加入かつ兼任という形で梁川奈々美ちゃんを迎え入れたことに対し、リーダーとしてかなり気を使っていたことがうかがえました。

 

つぎにカントリー・ガールズのメンバーたちからのメッセージ。

梁川奈々美ちゃんのJuice=Juice兼任によって共に活動することが減った小関舞ちゃんは「カントリー・ガールズの先輩としてずっとそばにいてあげられなかったことが心残りだ」と語っていました。

いまだに賛否両論の絶えないカントリー・ガールズの新体制ですが、小関舞ちゃんの立場からすると辛いことが多かったんでしょうね。

 

いっぽう梁川奈々美ちゃんと同じようにモーニング娘。と兼任で活動している森戸知沙希ちゃんからは、兼任しているメンバーにしかわからない苦労があったと語ります。

「2人(船木と梁川)が頑張っているから私も頑張らなきゃと思って、ここまで楽しんでこれた」という言葉からは、兼任体制が生み出したあらたなライバル関係もみられました。

 

「家族のような存在が巣立っていくのは悲しい」と語る山木梨沙ちゃんにつづき、梁川奈々美ちゃんを「仲間、ライバル、友達、どれにも当てはまらない唯一無二の存在」と表現する船木結ちゃん。

2人ともかなりの号泣っぷりで、客席でもつられて泣くファンが続出します。

とくに船木結ちゃんはところどころ何を言っているのかわからないレベルでしたが、とりあえず「やなふな伝説は今後も完結しない」ということは伝わりましたw

笑いアリ、涙アリの卒業セレモニーでした。

 

25. Good bye & Good luck! / Juice=Juice

何度かこの曲を見てきましたが、これまではスキルの高いグループらしく力強いイメージを感じていました。

しかし今回は涙するメンバーも多く、ミュージックビデオのようなちょっと柔らかい雰囲気になっていたのが印象的です。

Juice=Juiceのメンバーたちを「先輩」ではなく「お姉ちゃんのような存在」と表現したのが、かなりしっくりきたパフォーマンスでした。

 

26. VIVA!!薔薇色の人生 / カントリー・ガールズ

梁川奈々美ちゃんのアイドル人生ラストとなるパフォーマンス。

『ハロプロを推すと人生が豊かになる〜ハロメン編〜 【今夜は木曜日】』という番組では、「この曲にかけるメンバーたちの思いが強すぎて、満場一致でこの曲を最後に選んだ」と山木梨沙ちゃんが語ってくれました。

困難の多かったカントリー・ガールズですが、そんな過去を笑い飛ばしながら未来へ突き進んでいく様にぴったりな曲だと思います。

 

また最後の「私なら大丈夫です」という歌詞を「私たち大丈夫です」に変えて、梁川奈々美ちゃん以外の4人が歌っていました。

その後につづく梁川奈々美ちゃんの「みんなも最高です」というソロパートも印象的です。

卒業する梁川奈々美ちゃんだけでなく、今後の動向が注目されているカントリー・ガールズとしての思いも込められた感動的なパフォーマンスでした。

 

MC8 / 全員
Wアンコール / 梁川奈々美

大阪公演同様、最後のMCは全員でハイタッチをして退場。

そのあと”やなみんコール”が起き、再び梁川奈々美ちゃんがステージに登場してくれました。

マイクなしで「ありがとうございました!」と挨拶をし、笑顔のままステージを去ります。

 

ホントに一瞬たりとも涙を見せず、最後まで完璧なアイドルを演じた梁川奈々美ちゃん。

正直いまこのブログを書いているときも、梁川奈々美ちゃんが卒業したという実感があまりありませんw

ココまで思い入れのある卒業公演は久々です。




グッズ

日替わり写真が売り切れちゃってたので、メッセージ入り写真4枚セットの梁川奈々美ちゃんと段原瑠々ちゃんを買いました。

これは大阪公演でも売ってたものですが、Twitterでこの段原瑠々ちゃんのメッセージを見て欲しくなっちゃったのでw

今後は梁川奈々美ちゃんへの未練も背負って段原瑠々ちゃんを見守っていこうと思います。

 

リスナーの伊藤さん(@XYcg15BlO6gijkO)からもらった、梁川奈々美ちゃんの写真とキーホルダーです。

写真はライブビューイングの会場で買えたものらしいです。

部屋に飾りますわ、ありがとうございますm(_ _)m

 

リスナーのパウロさん(@yuhane_poulo)からもらった、梁川奈々美&船木結FCイベントの写真です。

正直いままで”やなふなコンビ”にそこまで愛着がなかったのですが、今回のライブでその絆の深さを思い知らされました。

もっと早く気づいておきたかったですわ。

関連記事

皆様の意見、間違った内容の指摘などがあればコメントください。

 - ハロプロ現場レポ, Juice=Juice, カントリー・ガールズ , ,