ZDAは販売枚数を増やせば正解だったのか!?握手できなかったヲタクの戯言

   

10月9日に、モーニング娘。’17の全国同時握手会(通称”ZDA”)がおこなわれましたね。

近年まれにみる大盛況っぷりに、事務所もヲタクも大混乱。

わたしも行ってきました、すこし振り返ってみましょう。

 

今回の動画です。

 

 

ZDAの悲劇

 

モーニング娘。’17の64thシングル発売記念として、全国同時握手会がおこなわれました。

▼関連記事
モーニング娘。’17の64thシングル発売記念 全国同時握手会が開催決定、メンバー増加で規模も拡大!

 

どの会場もすごい盛り上がりだったようですね。

わたしが訪れた大阪・あべのHoopも、とんでもない人混みでしたよ。

 

この会場は、モーニング娘。’16の62枚目シングル『セクシーキャットの演説/ムキダシで向き合って/そうじゃない』の全国同時握手会でも訪れました。

その時とくらべれば、倍くらいの人数はいたんじゃないでしょうか。

 

盛り上がるというのは喜ばしいことですが、このレベルになるとイロイロ問題も。

今回の全国同時握手会はすべての会場でCDが完売しました。

握手会に参加しようと会場へ訪れたにもかかわらず、CDが買えなかったファンが多数いたわけです。

わたしも含め…orz

 

けっきょく今回のシングルはオリコン週間ランキングが2位でした。

1位との差が7000枚ほど。

全国同時握手会での機会損失がなければ、順位はひっくり返らないにせよ接戦には持ち込めたんじゃないかと。

ファン怒りの声があとを絶ちません。

 

ビルボードランキングで1位だったのがなによりもの救いですねェ!

おめでとうございます。




なぜこんなに集まった?

 

今回の全国同時握手会。

条件を考えれば、盛り上がるべくして盛り上がってるんですよ。

その理由をまとめていきます。

 

工藤遥ちゃんが卒業する

 

何と言ってもコレですね。

わたしが参加した大阪会場には工藤遥ちゃんもいたので、異常な盛りあがりでした。

販売開始時間のまえから完売が確定するという状況。

ほかの会場にも、少なからずこの影響があったんじゃないでしょうか。

 

また工藤遥ちゃんには女性のファンが多いことから、これまでにないほど女性の割合が高かったことも驚き。

 

13期・14期には初めてのZDAだった

 

13期メンバーの加賀楓ちゃんと横山玲奈ちゃん、14期メンバーの森戸知沙希ちゃんには初めての全国同時握手会でした。

とくに森戸知沙希ちゃんにとっては、モーニング娘。に加入してから初のシングルでもあります。

 

普段はモーニング娘。のイベントにしか顔をださないファンもいるでしょう。

そういう人にとっては初めて森戸知沙希ちゃんと握手ができる機会だったわけです。

カントリー・ガールズからの森戸知沙希ちゃんファンもいると思いますし。

 

森戸知沙希ちゃんが訪れたのも大阪、そりゃあんだけファンが集まります。

 

日曜日に開催された

 

当たり前といいたいところなんですが。

過去には平日におこなうのも珍しくなかったわけですよ。

 

それが今回はバッチリ日曜日、しかも次の日は祝日。

3連休のど真ん中ですよ。

こんなん予定がなかったら、ちょっと遠出してでも行こうかなってなりますわ。

 

1日のみの開催だった

 

62枚目シングル『セクシーキャットの演説/ムキダシで向き合って/そうじゃない』の全国同時握手会は、土曜と日曜の2日間でおこなわれました。

▼関連記事
モーニング娘。’16 62ndシングルの全国同時握手会が開催決定、やっぱりきたかZDA!

 

じつはわたし、この時も完売で握手できなかったんですよw

前回でも売り切れるほどには盛り上がってました。

 

それが今回は1日に凝縮。

ヲタクが集中したということですね。

 

コンサートと連日でおこなわれた

 

全国同時握手会が10月8日。

この前日が、現在行われている「モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2017秋~We are MORNING MUSUME。~」の大阪公演でした。

コンサートで大阪へ訪れたファンが、そのまま大阪の握手会へ向かうと。

 

しかもメンバーに工藤遥ちゃんと森戸知沙希ちゃんがいるわけです。

ちょうどええわ。

推しメンバーへの執着がなければ、なにも考えずに行きますよ。

 

…ハイ行きましたよ。




どうすればよかったのか

 

今回の大混乱を受けて、ファンからは

「もっと大きな会場でおこなってほしい」

「販売枚数を増やしてほしい」

などの声があがっています。

この盛況っぷりを見ていると、無理もない反応です。

 

しかし握手を増やすということは、そのままメンバーの負担も増えるわけです。

それは好ましくないこと。

移動の時間などを考えれば、現状でもギリギリなくらいの対応だと思いますし。

 

メンバーの負担を増やすことなく、今回のような混乱をふせぐにはどのような策があったのでしょうか。

 

メンバー1人ずつにする

 

メンバー2人1グループではなく、全員がバラバラに各地を訪れるような形にするということです。

そうすることでファンを分散させると。

今回のように「1000円で2人と握手」だったのが「1000円で1人と握手」になるわけですから、単純に考えれば需要も半減。

 

というか以前は1人でまわるのが普通でしたよね。

メンバーが増えすぎて、全員を散らばらせるにはスタッフが足りないんでしょうか。

そこはちゃんと回収するつもりでやってもらいたいところ。

 

販売枚数を前もって伝える

 

とりあえず今回の件で一番かわいそうだったのは、列にならびつづけて買えなかった人たち。

もちろん溢れてしまうのはしょうがないと思いますよ。

しかし今回はヒドイ。

 

大阪の会場では人が集まりすぎたことで、発売開始前にCD購入列を封鎖しました。

 

それまでに並んでた人たちを柵でかこって、販売開始時刻まで待機させてたんですよ。

500人以上は並んでましたね。

ところがその半分ぐらいの人が買えてませんでした。

 

いや見積もり甘すぎやろ

 

わたしは封鎖後に会場へたどり着いたヲタクです。

 

ならんでる人たちを眺めてるわれわれとしても、

「こんなに待機させるなんて、今回そんなに大量のCDを用意しとるんか」

と思ってましたから。

 

期待だけさせるという、だれも得しない状態。

最初から用意してる枚数を教えてくれれば、こっちも諦めがつくというもんですよ。

 

 

まいど恒例となっている全国同時握手会。

事務所としてもたよらざるを得ないほどの売り上げがあるハズ。

イベント存続のために、次回はなにかしら改善があることを祈ります。

 

~まとめ~

もう気楽に行けるイベントじゃない。

 


 

皆様の意見、間違った内容の指摘などがあればコメントください。

にほんブログ村 芸能ブログ ハロー!プロジェクトへ
にほんブログ村
↑ポチってくれると励みになります!

 - コラム, ハロプロ現場レポ, モーニング娘。 ,