強く、たくましく、自分らしく…。モーニング娘。’18『花が咲く 太陽浴びて』のMVショートVer.が公開!

      2018/02/26

1月28日に配信が開始した、モーニング娘。’18『花が咲く 太陽浴びて』のミュージックビデオ・ショートVer.が公開されました!

収録アルバムも発売され話題となっている新曲、語っていきたいと思いますw

 

動画が表示されない方はコチラ

ショートMV公開

 

「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project 2018 WINTER ~PERFECT SCORE~」で披露されて話題になった、モーニング娘。の配信曲『花が咲く 太陽浴びて』のミュージックビデオ・ショートVer.が公開されました。

フルVer.については、iTunesとレコチョクにて2月24日から配信されるとのこと。

最近は配信コンテンツの販売にちからを入れているのか、宣伝用としてショートVer.のみを公開することが多くなりました。

果たして売れてるんでしょうかねぇ。

 

わたしとしては、フルVer.も無料で公開してライブにたくさん来てもらうほうがイイと思ってました。

あれだけパフォーマンス力を押し出してましたし。

なによりミュージックビデオ自体が、商材として作り込まれているイメージじゃなかったのでw

 

しかし、この『花が咲く 太陽浴びて』の場合は

有料で売るために、ちゃんと作ったゾ

という感じがしてますね。

最近のものはそんな傾向があるので、ミュージックビデオの質が上がってきたという意味ではうれしいかぎりです。

 

カントリー・ガールズも頑張ったってください。

こちらはDVDをWebストアで販売予定みたいです。

 

とまぁコレはおいといて、『花が咲く 太陽浴びて』について語っていきます。




自分らしく生きたい

 

この曲からは「自分らしく生きようとする強い女性のイメージ」が感じられます。

しかし思うようにいかず、いまは苦い思いをしている。

そんなもどかしいリアルな表現が歌詞に盛り込まれています。

見ていきましょう。

 

好きなようにやってみればと言ったくせに
好きなようにやりだ出したらあれこれ言う

大人だってきっと初めての人生でしょ?
根拠も何もあったもんじゃない

反抗心がにじみでてますねぇ。

他人の理不尽さにイライラする、よくあるやつ。

「放っておいてくれ、わたしの人生なんだ」という気持ちは痛いほどわかります。

 

しかしこの状態は自分の道をすすんでいるようで、すすみきれていないんですよね。

他人の目が気になってしかたがない、まだ未熟さを感じます。

 

恋をするのも そうよ
生きていくのも

そう全部私 私が私の道を行く

”私”の3連発。

我の強さをこれでもかと押し出すさまは、ムキになってるようにも見えます。

自分のすすむ道が違っているかもしれないという不安を、必死に押し殺しているという表現なのではないでしょうか。

 

不器用なりにきっと 花が咲くのよ

太陽浴びて

がむしゃらでも頑張りつづけていれば、いつか花開くと信じている。

前向きなメッセージのようですが、個人的にはすこしネガティブな感情も感じるなぁと。

それが、タイトルにも入っている「太陽浴びて」という一文です。

 

花にとって太陽の光は、成長においてなくてはならないもの。

つまり「あとひとつ、なにか後押しがほしい」という、他にすがってしまう気持ちが表れていますね。




血の滲むような努力

 

やはり全体として感じられるのは、努力のふかい谷にいるような苦しい現状。

花がひらくまえの冬を越すすがたに似ています。

映像からは、そんな女性から感じられる”たくましさ”や”美しさ”といった表現が見られます。

 

花の写真がサブリミナルのように映りますが、その中でもサビなどでたくさん登場するのがユリです。

ユリの花言葉が「純粋」「無垢」「威厳」。

この曲の主人公は、まさにユリのような人間を目指して生きてるんでしょう。

ユリの花がひらくさまを、主人公の成長として見せているようです。

 

しかしその間に、バンバン開花していくほかの花たち。

自分がなかなか日の目をみないなか、他人の成長をみているような悔しさやもどかしさを感じます。

それでも諦めずに花を開かせようとするすがたが、力強いダンスで表現されてますね。

フォーメーションダンスにあわせて、頭上からの見ためを意識した放射状のセット。

花などにみられる自然界の規則性も感じられ、美しいとおもいます。

 

また、花びらの落ちてくるシーンがたびたびありますね。

 

鮮やかな赤い花びらは「血のにじむような努力」という表現なのでしょうか。

降ってくるまえから地面に落ちている花びらが、これまでの苦労にも見えます。

 

しかし花びらにまみれるメンバーの中には、やさしい笑顔を浮かべるすがたも。

いまがツラい状況でありながら、なにかを精いっぱい頑張っているという満足感を得ているようです。

「自分らしさ」を発揮できているということですね。

 

花びらでいえば、最初のシーンが気になりました。

落ちている花びらが浮かびあがってきます。

花びら=努力だとすれば、あきらめないという意志のあらわれでしょうか。

重力、すなわち逆境に立ちむかう強さが表現されていると思いました。

 

ファンからはこのミュージックビデオに対して「資生堂のようだ」というコメントがおおく寄せられていました。

たしかに資生堂のCMには化粧品メーカーとして、大人の女性らしい強くたくましいモデルのすがたが見られます。

『花が咲く 太陽浴びて』はその一歩手前、なろうとしている状態ではないでしょうか。

まぁ絵としてはそんな大差ないですがw

関連記事

▼『花が咲く 太陽浴びて』も収録されているアルバムについてはコチラ!
20周年記念アルバム「二十歳のモーニング娘。」の収録曲が判明!

皆様の意見、間違った内容の指摘などがあればコメントください。

 - ハロプロ関連ニュース, モーニング娘。 ,