つばきファクトリー初のライブツアーが決定!2018年も絶好調なのか??

   

待望のつばきファクトリー初となるライブツアーが決定しました!

3rdシングルの売り上げが好調とのことですし、デビュー2年目も勢いはおとろえることを知りませんねぇ。

 

動画が表示されない方はコチラ

初のライブツアー決定!

 

2月22日に東京・ディファ有明で行われた「つばきファクトリー ワンマンLIVE ~First Blossom~」にて、つばきファクトリーのライブツアー開催が発表されました。

▼公式サイト
つばきファクトリー ライブツアー 2018春 (タイトル未定)

4月15日〜5月27日で9会場を回ります。

 

つばきファクトリーとしては初のライブツアー。

メジャーデビューから1年、やっときましたねぇ。

単独ツアーの開催をいまかいまかと待ちのぞむ声がずっとありました。

 

なぜならライバルであるこぶしファクトリーは、メジャーデビューから2ヶ月というはやさでライブツアーを開催したからです。

つばきファクトリーもデビュー1年目からライブツアーがあるだろうと期待されていましたが、2017年はひたすらイベント回りというカンジでした。

 

そんな苦労の末につかんだ初のライブツアー。

つい先日に発表されたこぶしファクトリーのライブツアーも同じく、9会場での公演だそうです。

初ツアーの時期に差はあったものの、勢いはこぶしファクトリーに追いついたといえるのではないでしょうか。




セトリはカバー曲祭りかも

 

ツアーとなれば、やはり気になるのがセットリストですよね。

つばきファクトリーがこれまで発表したのは15曲。

  • インディーズ 6曲
  • トリプルA面シングル3枚 9曲

加えて「つばきファクトリー ワンマンLIVE ~First Blossom~」では、新曲『雪のプラネタリウム』が披露されたそうです。

 

全16曲ではライブ1公演をまわすのもギリギリの持ち歌です。

ということで、おそらくセットリストにはカバー曲がたくさん入ってくるでしょう。

実際こぶしファクトリー1stライブツアーではセットリストの16曲中、13曲がカバーでした。

こぶしファクトリー1stライブツアー セトリ

「こぶしファクトリー ライブツアー2015 ~The First Ring!~」
01. ドスコイ!ケンキョにダイタン(こぶしファクトリー)
02. 愛の弾丸(Berryz工房)
  MC1
03. 大人にはなりたくない 早く大人になりたい(Berryz工房)
04. 恋のヌケガラ(美勇伝)
05. 行け 行け モンキーダンス(Berryz工房)
06. 恋の呪縛(Berryz工房)
07. かわいい彼(メロン記念日)
08. 青春劇場(Berryz工房)
09. ソロコーナー
10. ラーメン大好き小泉さんの唄(こぶしファクトリー)
11. This is 運命(メロン記念日)
12. さあ、早速盛り上げて 行こか~!!(メロン記念日)
13. バカにしないで(Berryz工房)
14. さぁ!恋人になろう(メロン記念日)
  MC2
15. 念には念(念入りVer.)(こぶしファクトリー)
  アンコール
16. 一丁目ロック!(Berryz工房)

当時のこぶしファクトリーは、メジャーデビューシングルを1枚しかリリースしていませんでした。

そんな状況にくらべれば、16曲の持ち歌があるつばきファクトリーはまだ余裕があります。

ただ、イベントでは様々なカバー曲を披露することに定評のあるつばきファクトリー。

むしろオリジナル曲以外のほうが注目は大きいのかもしれませんね。




2年目も絶好調?

 

ワンマンライブがおこなわれた2月22日で、メジャーデビュー1周年をむかえたつばきファクトリー。

その前日には3rdシングル『低温火傷/春恋歌/I Need You ~夜空の観覧車~』を発売しました。

▼関連記事
つばきファクトリー3rdシングル『低温火傷』のPV公開、ひとめぼれより恐ろしい!?分析してみた。

 

そんな3rdシングルが、2月20日付のオリコンデイリーランキングで2位を獲得したということで話題になっています。

発表されたランキングがコチラ。

2/20付 CDオリコンデイリーランキング
  1. 『Find The Answer』/ 嵐
  2. 『低温火傷/春恋歌/I Need You ~夜空の観覧車~』/ つばきファクトリー
  3. 『アカシア』/ EXILE THE SECOND
  4. 『勝手にMY SOUL』/ DISH//
  5. 『Ref:rain/眩いばかり』/ Aimer
  6. 『Moon さよならを教えて』/ BUCK-TICK
  7. 『Mountain Top/Shape Of Miracle』/ RADWIMPS
  8. 『さよならエレジー』/ 菅田将暉
  9. 『その線は水平線』/ くるり
  10. 『「あんさんぶるスターズ!」ユニットソングCD Eden』/ Eden(乱凪砂(諏訪部順一),巴日和(花江夏樹),七種茨(逢坂良太),漣ジュン(内田雄馬))

さすがに嵐は強いですねぇ。

しかし他にもEXILEやRADWIMPS、菅田将暉さんなど強敵ぞろいのなか、2位という記録はすばらしいものです。

はたして週間ランキングまで逃げ切れるのでしょうか。

今後もリリースイベントが控えているので、まだまだ売り上げの伸びは期待できます。

 

2ndシングル『就活センセーション/笑って/ハナモヨウ』では初日のランキングが5位、週間ランキングでも5位という結果でした。

これ対してファンからは「デビュー時の勢いはなくなったのか?」など失速を心配する声があがっていましたね。

しかしその後、「日本有線大賞」新人賞や「日本レコード大賞」最優秀新人賞を獲得しました。

そんな輝かしい功績が、3rdシングルの売り上げにつながったのでしょうか。

 

2年目の良いスタートがきれたと思いますが、デビュー年ほどしっかり売り出してもらえるとは限りません。

さらに2018年、事務所としては手をかけなければいけない部分がたくさんあります。

  • 一岡伶奈ちゃん率いる新グループの結成
  • こぶしファクトリーの復旧
  • モーニング娘。のデビュー20周年記念

こんな中でも生き残っていけるよう、なんとしても今回の3rdシングルで実績をつくっておきたいところですね。

 

皆様の意見、間違った内容の指摘などがあればコメントください。

Met
2月23日のつばきファクトリー3rdシングル発売記念イベント・あべのキューズモールに行ってくるで!

またレポ記事をあげますのでよろしくお願いします。

 - ハロプロ関連ニュース, つばきファクトリー ,