いよいよ30期が主力に躍り出る!?ハロプロ研修生発表会2020年12月〜光〜に行ってきた【Met現場レポ】12.19〜20 Hello! Project 研修生発表会(セトリ有り)

ハロプロ現場レポ

2020年12月19日〜20日に横浜ランドマークホールで開催された『Hello! Project 研修生発表会 2020 12月 ~光~』に行ってきました。

特殊なカタチでの現場が続いていますが、そんな2020年もいよいよ締めくくりの発表会。

今回も大きな成長を見せるメンバーが多数いたので、詳しくレポしていきます!

 

↑動画が表示されない方はコチラ

 

目次

Hello! Project 研修生発表会 2020 12月 ~光~

セットリスト

01. 情熱スパークル / 斉藤・西﨑・村越 → 窪田・平山・植村 → 石栗・松原・有澤・石山
02. 悪いヒト / 山田・小野田・北原 → 米村・広本・豫風 → 中山・橋田・江端
 MC1. 自己紹介
03. 限りあるMoment / 有澤・石山
04. ミステイク / ハロプロ研修生ユニット
05. 低温火傷 / ハロプロ研修生ユニット
06. 都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて / ハロプロ研修生ユニット
 MC2. ハロプロ研修生ユニットのお悩み相談室 / ハロプロ研修生ユニット
07. Borderline(ダンスのみ) / 窪田・小野田・江端・植村・石山
08. Thanks! / 石栗・平山 or 窪田・広本
09. セクシーキャットの演説(ダンスのみ) / 米村・小野田・西﨑・北原・江端・豫風・植村・石山
10. My Days for You / 中山 or 豫風
 MC3. ハロプロ研修生エピソードクイズ
11. ぴったりしたいX’mas! / 小野田・村越・植村
12. 恋愛奉行 / 広本・平山・北原・江端
13. みかん / 中山・松原・橋田・西﨑
14. スッペシャルジェネレ〜ション / 山田・広本・豫風・植村
 MC4
15. 43度 / 米村・広本・豫風 → 山田・小野田・北原 → 中山・橋田・江端
16. Rainbow / 石栗・松原・有澤・石山 → 斉藤・西﨑・村越 → 窪田・平山・植村

今回の見どころ

  1. 最大4人で歌割を回すステージが中心だった
  2. 31期メンバーにとって初の研修生発表会だった
  3. ハロプロ研修生としての主力が30期メンバーに変わりつつある
  4. オーディション選抜メンバーによるダンスと歌唱のパフォーマンスがあった
  5. ハロプロ研修生ユニットの出番が大幅に増えた

1. 最大4人で歌割を回すステージが中心だった

前回の研修生発表会では少人数でのステージばかりでしたが、今回は大人数で登場するシーンがいくつかあります。

ただ一斉に歌うシーンはなく、後列はダンスのみで前列だけが歌うというようなカンジでした。

また前回よりは舞台が広かったからか、1番と2番でメンバーを入れ替えるなど動きのあるステージが多かったですね。

2. 31期メンバーにとって初の研修生発表会だった

今年の11月にハロプロ研修生へ加入したばかりの31期メンバーが、この公演でお披露目されました。

すでに高校生ということで「即戦力ではないか」との期待もあったなか、さっそくパフォーマンスに参加しまくっていましたね。

そんな新メンバーたちは『アンジュルムONLY ONEオーディション』を受けていたと言われており、そこでの課題曲だった『限りあるMoment』を2人だけで歌うステージもありました。

03. 限りあるMoment / 有澤・石山

ファンからは早くも高い評価を受けている印象です。

3. ハロプロ研修生としての主力が30期メンバーに変わりつつある

2019年9月にハロプロ研修生へ加入した30期メンバーたち。

育ち盛りの時期にライブの自粛を強いられたのは気の毒でしたが、その間もしっかりと成長は見せてくれていました。

そんななかで迎えた今回の研修生発表会では、早くも30期メンバーが主力に躍り出たような雰囲気があります。

これまで新人扱いをされていたところから一気に出番を増やし、30期メンバーの魅力を中心に押し出すようなステージが多かったように思いました。

4. オーディション選抜メンバーによるダンスと歌唱のパフォーマンスがあった

今回の研修生発表会では、オーディションで選抜されたメンバーによるダンスパフォーマンスが2曲、歌唱パフォーマンスが2曲あります。

07. Borderline(ダンスのみ) / 窪田・小野田・江端・植村・石山
08. Thanks! / 石栗・平山 or 窪田・広本
09. セクシーキャットの演説(ダンスのみ) / 米村・小野田・西﨑・北原・江端・豫風・植村・石山
10. My Days for You / 中山 or 豫風

オーディションの模様が研修生特番『ハロドリ。』にて紹介されていたことから、ファンからも大きな期待が高まっていました。

さすがの選抜メンバーと言わざるを得ないパフォーマンスだったのはもちろんのこと、勝ち誇ったように堂々とした表情が見られたのは新鮮でした。

ココで自身をつけたメンバーが多かったのか、選抜メンバーは公演を通してとくに輝いていた印象です。

5. ハロプロ研修生ユニットの出番が大幅に増えた

今回の公演ではハロプロ研修生ユニットによるパフォーマンスが3曲、コーナーMCが1回ありました。

04. ミステイク / ハロプロ研修生ユニット
05. 低音火傷 / ハロプロ研修生ユニット
06. 都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて / ハロプロ研修生ユニット
 MC2. ハロプロ研修生のお悩み相談室 / ハロプロ研修生ユニット

これまでの研修生発表会では歌っても2曲ほどだったので、かなり出番が増えたと言ってイイでしょう。

2021年に向けて少しずつハロプロ研修生ユニットが動き始めたことを表しているのかもしれません。

今年の実力診断テスト受賞者もいることから、ファンの期待は高まる一方ですね。




セットリストごとのレポ

01. 情熱スパークル / 斉藤・西﨑・村越 → 窪田・平山・植村 → 石栗・松原・有澤・石山

6〜7人ずつでステージに登場し、前列のメンバーのみが歌うというステージでした。

サビでソロパートをもらっていたのは村越彩菜ちゃんと平山遊季ちゃん、松原ユリヤちゃんの3人。

他にもセンターには西﨑美空ちゃんや植村葉純ちゃんが立つなど、しょっぱなから30期メンバーの活躍がうかがえますね。

 

また初登場となる31期メンバーの2人もさっそくパフォーマンスに加わっており、早くも先輩たちに馴染んでいる印象でした。

とくに気になったのは石山咲良ちゃんで、キラキラした表情はイイ意味で新人らしさがありません。

大きな身長もかなりの存在感で目を惹かれました。

02. 悪いヒト / 山田・小野田・北原 → 米村・広本・豫風 → 中山・橋田・江端

こちらもメンバーを入れ替えながらのパフォーマンス。

2番を歌っていた米村姫良々ちゃん・広本瑠璃ちゃん・豫風瑠乃ちゃんの3人が安定した歌声をみせていました。

とくにソロパートをもらっていた豫風瑠乃ちゃんがパワフルな歌いっぷりで、今回の公演ではイチバン歌唱力を伸ばしていたんじゃないかと思います。

 

またラストには中山夏月姫ちゃんによるフェイクがありました。

『悪いヒト』でのフェイクは松永里愛ちゃんが初披露時に見せて以来ということで、かなりの大役を掴んだことになります。→2019年9月の研修生発表会で石栗奏美ちゃんがやってましたm(_ _)m

今回も相変わらず推されまくりだった中山夏月姫ちゃんですが、ボーカルとしてこれほど見せ場があったのは初めてのこと。

しかしフェイクは普通の歌唱と違った難しさがあるのか、かつて松永里愛ちゃんが高橋愛ちゃんから言われていた「フェイクは音階で歌わない方がカッコいい」というアドバイスが頭をよぎりました。

新たな課題ができたということで、ファンとしては今後がさらに楽しみです。

MC1. 自己紹介

前回に引き続いてまことさんによる司会がなかったので、メンバー本人による自己紹介が1人ずつありました。

回替わりでのひとことをざっくり紹介します。

1日目 昼公演「お年玉で買いたいものは?」

米村 「かばん」
山田 「タブレット」
中山 「15歳から貯めてるので貯金したい」
窪田 「メイク道具」
松原 「おもちゃ」
斉藤 「商品券」
小野田「髪を巻くコテ」
広本 「白いクマのぬいぐるみの洋服」
橋田 「おばあちゃんの誕生日プレゼント」
西﨑 「貯金したい」
平山 「洋服」
北原 「ハシビロコウのぬいぐるみ」
江端 「UVレジンセット」
豫風 「ヘッドフォン」
村越 「洋服」
植村 「牛乳トランプ」
石栗 「ペットの新しいベッド」

▼新人メンバーのみ「尊敬する先輩は?」
有澤 「つばきファクトリーの秋山眞緒さん」
石山 「Juice=Juiceの稲場愛香さん」

1日目 夜公演「今年の冬に食べたい物は?」

米村 「大福のアイス」
山田 「みかんと焼き芋」
中山 「干し柿と焼きリンゴ」
窪田 「アイスクリーム」
松原 「ポテトチップス」
斉藤 「ほうとう鍋」
小野田「おでんとクリームシチュー」
広本 「たっくさんのみかん」
橋田 「いちご大福」
西﨑 「おもち」
平山 「栗きんとん」
北原 「おばあちゃんが作ったブリしゃぶ」
江端 「キムチ鍋」
豫風 「餃子」
村越 「ケーキ」
植村 「牛乳のお鍋」
石栗 「ブロッコリー」
有澤 「卵焼き…じゃなくて目玉焼き」
石山 「サバの味噌煮」

2日目 昼公演「ハマっていることは?」

米村 「モコモコの靴下を履いて寝ること」
山田 「動画編集」
中山 「素因数分解」
窪田 「グルメ巡り」
松原 「ハマってるギャグ『いっちゃってる〜』」
斉藤 「ゲーム」
小野田「駄菓子を食べること」
広本 「みかんアート」
橋田 「キーホルダー作り」
西﨑 「妄想」
平山 「ハロプロのライブ映像を見ること」
北原 「顔の筋肉体操」
江端 「演技の練習」
豫風 「オリジナルカードを作ること」
村越 「映画鑑賞」
植村 「ボタン付け」
石栗 「冷凍野菜を食べること」
有澤 「なぜクリスマスソングはクリスマスに聞こえるのか考えること」
石山 「音楽を聴きながら無心で文字をたくさん書くこと」

2日目 夜公演「今行ってみたいところは?」

米村 「沖縄」
山田 「アニメの世界」
中山 「夢の国」
窪田 「セブ島」
松原 「スキー場」
斉藤 「沖縄」
小野田「温泉」
広本 「ニューヨークのタイムズスクエア」
橋田 「京都の神社」
西﨑 「武道館」
平山 「アメリカのニュージャージー州」
北原 「北海道で石栗さんに遊んでもらいたい」
江端 「ロサンゼルス」
豫風 「雲の上」
村越 「北海道」
植村 「牧場」
石栗 「米村さんと窪田の家」
有澤 「知る人ぞ知る定食屋さん」
石山 「フランス」

03. 限りあるMoment / 有澤・石山

『アンジュルムONLY ONEオーディション』の課題曲を、新メンバーの2人が披露してくれました。

歌唱面で注目の集まっていた有澤一華ちゃんは期待通りのみごとな歌声。

Aメロ〜Bメロの低く歌うところが新人とは思えないクールなハマり方だった一方、サビでは可愛らしい声で歌っていました。

まだ自分の魅せ方にブレがあるカンジはしますが、すぐボーカルの柱になりそうな雰囲気があります。

 

石山咲良ちゃんはとにかく表情に華があります。

またアピールしていたダンスがうまいのはもちろんのこと、歌唱もド素人とは思えないレベル。

あらゆるステータスが整っている印象で、研修生を経由せずにデビューしていてもおかしくなかったと思います。

それでもハロプロ研修生に入ったからには、全体的な能力の底上げを図っていくようなカンジになるのでしょうか。

04. ミステイク / ハロプロ研修生ユニット

おそらくこの1年間で最も聴いてきた曲ですw

振り返ってみるとやはり窪田七海ちゃんの成長が大きく、4人で歌っているときもかなりの存在感がありました。

いまや「ミステイクといえばこの声!」と言えるほど必要不可欠なポジションになったんじゃないでしょうか。

05. 低温火傷 / ハロプロ研修生ユニット

4人なのでソロパートはひと通り回っていました。

そんな中でもとくに目立っていた「心がジリジリしてるの…」というセリフを担当したのが窪田七海ちゃんです。

本家つばきファクトリーよりも乙女っぽさが全開で、かなり個性が出ていたんじゃないでしょうか。

 

また岸本ゆめのちゃんパートを担当していたのはいつも通りの石栗奏美ちゃん。

さすがのチカラ強い歌声でパフォーマンスを引き締めてくれます。

ハロプロ研修生ユニットでのフェイク担当といえば窪田七海ちゃんというイメージもありますが、ココは譲れなかったようですw

06. 都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて / ハロプロ研修生ユニット

ひなフェスやNATSUZOMEで披露したパフォーマンスですね。

途中ではさまる「米村マメ知識」の言い方が見るたびに誇張されている気がしてなりません。

ブリっ子気質なメンバーが多いからか、最後の「早く早く」というところも可愛さと同じぐらいの面白さがありますw

 

そんな中で石栗奏美ちゃんの「私のことも深ーく愛してね」というセリフは間の取りかたが素晴らしく好評でした。

本家の西田汐里ちゃんよりも早口なぶん、しっかり溜めを意識していたように思います。

もちろん自身の可愛さに対する自信はピカイチなので、それ相応の破壊力があったんじゃないでしょうか。

MC2. ハロプロ研修生ユニットのお悩み相談室 / ハロプロ研修生ユニット

ハロプロ研修生ユニットの4人によるお悩み相談コーナーがありました。

4人の中から1人が悩んでいることを発表し、ほかの3人が解決策を考えるという内容です。

詳しくは動画で語りますが、カンタンに流れを記録しておきます。

1日目 昼公演 斉藤円香ちゃんの悩み「忘れ物や無くし物が多い」

財布やスマホをよく無くしてしまうという斉藤円香ちゃん。

学校ではプールバックを忘れたほか、ハロプロ研修生ユニットの4人で行ったUSJでもエコバッグなどを無くしてしまったんだとか。

しかし他のメンバーたちは、無くし物が多い以上に困ることがある様子…。

石栗「モノをなくした後にテンションを下げて周りに迷惑をかけないで欲しい。少しでもみんなのことを思ってくれれば。」
窪田「モノを無くすときは逆にテンションが高いから視野が狭くなってる。」
米村「鈴とかをつければイイんじゃない?」

本気のダメ出しが続くなか、米村姫良々ちゃんだけは実践的なアドバイスで少し優しさを感じました。

ただよくよく聞くと米村姫良々ちゃんもモノを無くしやすいということで、ヒトのこと言えた立場じゃなかったようですw

1日目 夜公演 石栗奏美ちゃんの悩み「冷凍食品の野菜をそのまま食べてしまう」

冷凍された野菜を冷凍のまま食べることにハマっているという石栗奏美ちゃん。

とくにブロッコリーが好きで、400g入りの袋を1日で食べ切ってしまうんだとか。

斉藤「苦手なものを冷凍してみたら食べなくなるかも」
米村「我慢できるわけないから買わないようにする」
窪田「我慢できているかどうか、食べたものをみんなで確認しあう」

解決策を出すメンバーたちですが、当の石栗奏美ちゃんに改善しようとする様子はありません。

それどころかファンにも冷凍野菜をオススメする始末w

石栗「それでお腹を壊しても明日のライブは来てくださいね〜!」

2日目 昼公演 窪田七海ちゃんの悩み「洋服が自分で選べない」

洋服を選び始めると1時間以上悩んでしまうという窪田七海ちゃん。

TPOを考えるとなかなか決まらないらしく、親に相談したり友達に合わせて選んだりするんだとか。

斉藤「マネキン買いがオススメです。」
米村「自信をもって。いつも服はカワイイし悩まなくてもイイと思う。」
石栗「悩む気持ちわかります。私は月曜〜金曜の学校に来ていく服装を日曜日に決めてしまったり、アイテムを絞って服装を選んでいます。」

なかなか参考になるアイデアが出てきた様子。

とくに米村姫良々ちゃんの励ましは胸に響いたようで、今以上にもっと可愛くなりたいと意気込んでいましたw

2日目 夜公演 米村姫良々ちゃんの悩み「餅を焼くときにトースターがうまく使えない」

好きなお餅を焼くためにトースターを使うものの、78%ぐらいは丸コゲになってしまうという米村姫良々ちゃん。

「ほかに悩みないんですか!?」とツッコまれるものの、本人はそこそこ悩んでいる様子。

斉藤「トースターを見張っておきましょう」
窪田「トースターの使い方をネットで調べてください」
石栗「お手上げです。もう買い換えるか、トースターではなくレンジを使いましょう」

必死で考えてくれた解決策を、なぜかバサバサと論破していく米村姫良々ちゃん。

最後はトースター派とレンジ派でジャンケンをして、米村姫良々ちゃん率いるトースター派は敗北。

石栗「これからはレンジを使ってくださいね!」

かなり不満げな表情を浮かべる米村姫良々ちゃんでしたw




07. Borderline(ダンスのみ) / 窪田・小野田・江端・植村・石山

オーディションの選抜メンバーによるダンスパフォーマンス。

自分の力で勝ち取ったポジションだからか、満面の笑みを浮かべながらで堂々と踊るメンバーたちが多かったですね。

とくに小野田華凜ちゃんはライバルたちの強さを認識しているのか、これまでに見たことがないほど闘志がムキ出しになっていてビックリ。

また植村葉純ちゃんはこれまでもダンスが好評だっただけに完璧なパフォーマンスを見せており、これまた驚かされました。

 

そんな中で曲に合わせたクールな表情を作り込んでいたのが江端妃咲ちゃん。

ココ最近は先生からの評価もとくに高く、ノリに乗ってる姿が目に見えてわかりました。

個人的には豫風瑠乃ちゃんに並ぶ、今回のMVPではないかと思います。

08. Thanks! / 石栗・平山 or 窪田・広本

歌唱オーディションによる選抜メンバーのパフォーマンスです。

もちろん歌唱力の披露が中心だったんでしょうが、ダンスもしっかり見せ場があったりと盛りだくさんなステージでした。

 

石栗奏美ちゃんと平山遊季ちゃんの組み合わせでは、石栗奏美ちゃんが藤本美貴ちゃんパート、平山遊季ちゃんが松浦亜弥ちゃんパートを担当。

落ち着きのある大人っぽい雰囲気で歌っていた平山遊季ちゃんは、歌声が高音部を突き抜けるようになれば敵ナシだなぁと思います。

今でもすでに頭角を現していますが、将来性の高さこそファンが集まっている理由なんでしょうね。

一方でリズムの取り方が激しくバチバチしていた印象の石栗奏美ちゃんですが、さすがの安定感で平山遊季ちゃんをしっかり支えていました。

 

窪田七海ちゃんと広本瑠璃ちゃんの組み合わせでは、窪田七海ちゃんが藤本美貴ちゃんパート、広本瑠璃ちゃんが松浦亜弥ちゃんパートを担当します。

石栗・平山コンビとは大きく異なり、ファンとの距離が近く感じるイイ意味でライブハウスらしいパフォーマンスでした。

この2人には、自分たちの魅力を「歌やダンスだけじゃないものさし」で測らせるパワーがあると思います。

とくに広本瑠璃ちゃんはどんなステージでもその能力を発揮している印象で、出番を多くもらっているのもうなずけます。

09. セクシーキャットの演説(ダンスのみ)/ 米村・小野田・西﨑・北原・江端・豫風・植村・石山

オーディションの選抜メンバーによるダンスパフォーマンス。

誰がセクシーキャット役になるか注目していたものの、全員が取り巻きのダンスでした。

まぁ偶数だとそうせざるを得ないんでしょうが…。

 

気になったのは唯一ベテラン研修生の米村姫良々ちゃんです。

NATSUZOMEで他のアイドルと同じステージに立っていたときも思いましたが、フレッシュ感はまだまだ健在ですね。

ダンスでは先輩としての意地を見せながらも、後輩たちに負けない若々しさがあったんじゃないでしょうか。

 

また石山咲良ちゃんはかなり丁寧に踊っていました。

身長が高くスタイルも良いので、キレのあるダンスをすれば無双状態になるだろうなと思います。

研修生に入ったばかりということもあってか、守りの姿勢を貫いているような印象でした。

10. My Days for You / 中山 or 豫風

歌唱オーディションによる選抜メンバーのソロパフォーマンスです。

中山夏月姫ちゃんは歌詞に込める想いが強く、これまでの記憶が走馬灯のように蘇ってくるステージでした。

思わず涙ぐむファンも多かったですね。

最近はひたすらスキル向上を追い求める姿が多かったので、久々に素の表情を見せてくれたような気がします。

とくにラストの「これからも どうぞ よろしくね」は渾身のメッセージだったでしょうから、ヲタクとしては死ぬ気で目に焼き付けてきました…。

 

いっぽうの豫風瑠乃ちゃんは、期待以上の素晴らしい歌唱力を見せてくれます。

ぶっちゃけ真野恵里菜ちゃんの楽曲は技術を感じすぎると微妙なところもあるのですが、豫風瑠乃ちゃんはその壁をブチ破ってきましたね。

ソウルフルな歌声という点では高木紗友希ちゃんに近いタイプではないでしょうか。

しかし歌っている姿はひたむきで、まだまだ伸びそうな雰囲気もあるのが末恐ろしいです。

MC3. ハロプロ研修生エピソードクイズ

ハロプロ研修生に関するクイズを出題するというコーナーがありました。

こちらも動画で詳しく語りますが、カンタンに内容を紹介します。

1日目 昼公演 / 中山(司会)・山田・松原・広本・豫風

豫風瑠乃ちゃんが最近びっくりしたことは?
 → お寿司にワサビをたくさんつけちゃって辛すぎた

「めっちゃ辛かったですホンマに」とのことw

 

松原ユリヤちゃんがプライベートで楽しかったことは?
 → 妹と鬼ごっこをした

妹は2歳にもかかわらず、本気で鬼ごっこをしているそうです。

1日目 夜公演 / 江端(司会)中山・小野田・橋田・村越

橋田歩果ちゃんがお母さんにされた嫌なことは?
 → 前髪をオン眉にされた

服を買ってもらうという条件で髪を切ってもらったとのことw

 

小野田華凜ちゃんが今年サンタさんにもらいたいものは?
 → サイダー1年分

とにかく炭酸飲料が欲しいみたいでした。

ちなみに江端妃咲ちゃんがサンタさんからもらいたいものは、多機能・大容量のリュックだそうです。

2日目 昼公演 / 北原(司会)・山田・小野田・平山・有澤

平山遊季ちゃんが最近できるようになったことは?
 → ヒールを履いて歩けるようになった

むかし木の根っこに足をひっかけて転んで以来、お母さんにヒールを履くことが禁止されていたんだとか。

しかしハロプロ研修生としての活動を始めたこともあって、最近ふたたびヒールを履き始めたそうです。

 

有澤一華ちゃんが最近恥ずかしかった瞬間は?
 → 横断歩道で自分のズボンを踏んでこけた

足を長く見せようとロングパンツを履いていたところ、横断歩道で盛大にコケてしまったとのこと。

ちなみに北原ももちゃんの恥ずかしかったことは、午前授業で給食がない時に「早く給食の準備してー!」と言ってクラスメイトたちをぽかーんとさせたことだそうですw

2日目 夜公演 / 西﨑(司会)・広本・村越・植村・石山

石山咲良ちゃんが最近やってしまった失敗は?
 → コンタクトをつけたまま寝てしまって目がカピカピになった

他のメンバーたちはコンタクトに興味津々だったので、裸眼が多いのでしょうか。

 

植村葉純ちゃんが最近ゲットしたものは?
 → バランスボール

リモートレッスンの際にみんなはバランスボールを使っていたにもかかわらず、自分はお風呂の椅子を使っていたので欲しくなったとのことw

11. ぴったりしたいX’mas! / 小野田・村越・植村

『ハロドリ。』でもレッスン映像が紹介されたことで注目の集まっていたパフォーマンス。

センターの村越彩菜ちゃんは常にマイペースという印象ですが、ユーモアのある歌詞をさらっと歌う姿がたまりません。

昔のハロプロっぽさを強く感じるメンバーなので、なんとか一度つんくさんの目に留まってみてほしいところ。

 

小野田華凜ちゃんと植村葉純ちゃんは真顔になるところがカンペキでしたねw

とくに植村葉純ちゃんが表情をうまく使い分けている姿はかなり新鮮です。

ちょうど1年前にこの世代で『白いTokyo』を歌ったときとは大きな違いでした。

12. 恋愛奉行 / 広本・平山・北原・江端

30期メンバーの快進撃を象徴するようなパフォーマンスで、今回の研修生発表会ではイチバンよかったと思います。

まずがなり歌唱が見事にハマっていた北原ももちゃんと、どこか平井美葉ちゃんのようなカッコよさがある平山遊季ちゃんの2人がチカラ強い歌声で引っ張ってくれます。

広本瑠璃ちゃんも持ち前の柔軟性で2人に食らいついていました。

 

そんななか序盤は目立っていなかった江端妃咲ちゃんが後半、お奉行様の役としてセンターに踊り出ますw

若干の京都なまりもあってか粋なセリフが見事に決まっていました。

何より町娘役の平山遊季ちゃんを背に語る姿がたのもしく、ダテに演技の練習をしていないなぁと驚かされます。

そのまま落ちサビを歌いきり、えばっちゃんフィーバーのまま一件落着。

13. みかん / 中山・松原・橋田・西﨑

細かくソロパートを分けてはいましたが、落ちサビでは中山夏月姫ちゃんがソロパートをもらっていました。

メンバーの入れ替えがないうえ大きなひねりもなかったので、とにかく中山夏月姫ちゃんを推したかったように見えます。

強いて言えば西﨑美空ちゃんの怪しげな雰囲気が強まっており、存在感が増してきたように思いました。

14. スッペシャルジェネレ~ション / 山田・広本・豫風・植村

こちらもメンバーの入れ替えがない4人でのパフォーマンスです。

歌割が多かったのは山田苺ちゃんと豫風瑠乃ちゃん。

絶好調の豫風瑠乃ちゃんに対して、Berryz工房の楽曲と相性ピッタリな山田苺ちゃんが張り合いを見せていたようなカタチです。

オーディション選抜には選ばれなかった山田苺ちゃんですが、やはり曲によってこれほどの爆発力が出る子は他にいませんね。

15. 43度 / 米村・広本・豫風 → 山田・小野田・北原 → 中山・橋田・江端

2020年9月の研修生発表会では苦戦していたこの曲ですが、今回はソロパートがメインとなる強気な歌割でした。

珍しい構成だったことに加えて、メンバー個々の歌唱力も確実に上がっています。

 

やはり注目したのは1番で歌っていた3人。

オリジナルメンバーである米村姫良々ちゃんはもちろんのこと、広本瑠璃ちゃんと豫風瑠乃ちゃんもキレイに歌えていました。

サビではそんな30期の2人が米村姫良々ちゃんを差し置いてソロパートを歌っており、いよいよ世代交代の雰囲気が見えてきたように思います。

 

そんななか山田苺ちゃんは高い音域が無理なく歌える数少ない研修生ということで、ココでも活躍していました。

ラストは中山夏月姫ちゃんがソロパートを2回もらっており、相変わらずの推されっぷりを見せます。

後輩がどんどん台頭してきた今、なんとかこの調子で踏ん張ってほしいところ。

16. Rainbow / 石栗・松原・有澤・石山 → 斉藤・西﨑・村越 → 窪田・平山・植村

1番のサビでは、本来ソロパートのところを新メンバーが2人で歌います。

ここまではあまり新人らしさを感じてこなかったはずですが、先輩たちに見守られながら歌う姿は歓迎される新メンバーそのものでした。

 

また2番サビは西﨑美空ちゃん、ラストのサビは植村葉純ちゃんがソロパートを歌います。

不敵な笑みを浮かべたような西﨑美空ちゃんはミステリアスな雰囲気に加え、歩き方もどこか妖艶な印象が強くなっていました。

いっぽうで植村葉純ちゃんは幼さの残る歌声で会場を癒してくれます。

やはり30期メンバーそれぞれの個性が一気に強まった公演だったんじゃないでしょうか。

 

最後は窪田七海ちゃんと石栗奏美ちゃんが回替わりで挨拶をしたのち、メンバーが順に礼をしていくという締めでした。

まとめ

2020年最後の研修生発表会はこんなカンジでした。

まだ余韻を楽しんでいるぐらいですが、はやくもこの公演の映像化が決定したらしいです。

会場へは行けなかったという方は、ぜひDVDでチェックしてみてください。

とくに30期メンバーが気になっているというヲタクは絶対に見逃せない内容ですよ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました