チケット転売はホントに悪なのか!?オークションに育てられたヲタクの悲鳴

      2017/10/30

なにかと話題になるチケット転売問題。

わりと寛容だったハロー!プロジェクト界隈でも、最近はあやしい空気が立ち込めてきましたね。

わたしの意見を語っていきます!

 

今回の動画です。

表示されない方はコチラ

 

 

転売屋への非難

 

”チケット転売”ときけば、どんなイメージがあるでしょうか。

ファンの敵や!滅セヨ!!!

よく言われてますね。

インターネットでモノの売買が簡単になったいま、話題になることも増えました。

 

しかしハロー!プロジェクトはチケット転売にかなり寛容です。

コレといって規制が無いんですよね。

まぁ厳密にいえばダメなんですけどw

 

チェキ会など身分確認が必要なイベントも確かにあるんですが、コンサートでは持ち物チェックのみ。

チケットに記載されている名義すら見ません。

こんな状態なんで、チケットをオークションで入手するなんてことがわりと一般的。

ファンの間でひんぱんに取引が行われています。

 

ところが最近、転売にたいする厳しい声がみられるようになりました。

その原因というのが工藤遥ちゃんのラストコンサートですよ。

 

モーニング娘。としても人気が高まりつつあり、工藤遥ちゃんの卒業コンサートはさいたまスーパーアリーナでの開催が期待されていました。

そんな声に反し、日本武道館で行われることが決定。

▼関連記事
モーニング娘。’17の秋ツアー千秋楽が日本武道館で開催決定、工藤卒コン落選祭り確定でヲタク騒然

 

ファンからは不満の嵐ですよ。

予想どおりファンクラブの先行販売は落選祭り。

オークションでは高額取引されるチケットがあふれています。

 

ヤフオク!での相場

「モーニング娘。 12/11」

検索結果 約29件

落札価格
最安 24,000円
平均 29,068円
最高 50,000円
(2017年10月24日現在)

 

定価が8,000円ほどなんで、最安でも3倍ぐらいでしょうか。

一般販売の前でコレですからねぇ。

公演が近づけば高騰することまちがいなしですわ。

 

あまりの盛況っぷりに、サイドスタンドと立見席が追加されるという発表がありました。

しかしそれごときでヲタクみんなが救われるハズもなく…。

カンゼンな焼け石に水、いや

じっちゃんに立ち見。

 

おかげでファン怒りの矛先はチケット転売へ。

もちろん、ただの転売目的でチケットを買い占めるのはクソとしか言いようがない。

 

でもふだんはチケット転売による恩恵もあるわけですよ。

それどころか、ハロー!プロジェクトは転売ヲタクによって支えられてるとすら思います。

チケットが確保できなかったという怒りにまかせて転売すべてを叩きまくるのは、いささか疑問を感じるところ。




ホントに悪?

 

ハロー!プロジェクトにおいては、チケット転売が必要悪なんじゃないかと思ってます。

なぜなら、おおよその現場では転売による不満があまりないからです。

誰も損してないんですわ、キホン的に。

 

チケットが定価より安い値段でしょっちゅう取引されてるんですよ。

ですから不満がつのるどころか、そのチケットを買う側からするとうれしいこと。

 

いやいや、

そんなチケット転売する意味ないじゃん

そう思うでしょう。

 

でも実際にそんなチケットが溢れてるんですよね。

しくみはこうです。

 

ハロー!プロジェクトのファンクラブ先行販売チケットは座席が抽選で決まります。

なんとしても良い席でコンサートを楽しみたいファンは、チケットを大量に買うハメに。

手に入れたチケットの中から良い席だけを抜き、あとはオークションなどで転売すると。

 

できるだけ安い値段でコンサートに入りたいファンが、その転売チケットを買います。

 

結果、チケットを転売したファンは良い席で入れてハッピー。

転売チケットを買ったファンは安くは入れてハッピー。

素晴らしい。

 

わたしも学生時代は、転売された格安チケットに助けられました。

たかが時給800円のアルバイトくんにとって、チケット1枚7000円は大出費です。

交通費やグッズ代も考えると、やっぱヲタクって大変なんですわ。

 

高校時代からコンサートに通えてたのは、なにを隠そう転売チケットのおかげだと思ってます。

こんなヲタクは多いんじゃないでしょうか。




もしハローから転売がなくなったら

 

もし転売をガチガチに規制したら、ハロー!プロジェクトはおそらく衰退の一途をたどるでしょうね。

 

転売ができなくなっても関係なく、良席ねらいでチケットを大量に買うヲタクはいそうですがw

やはり余ったチケットが売れないぶんリスクが高まりますから、うかつに大量買いはできません。

つまり市場にでまわるチケットの量がへると。

 

じゃあ、いままで安い値段で転売チケットを買っていた人たちが定価を出してくれるのか。

ハマりきったファンなら無理してでも行くでしょうが、みんながそうとは限りません。

あきらめる人もいますから、けっきょく以前よりもチケットが売れないということに。

 

空席が目立つようになる。

客席の盛りあがりが弱くなる。

さらにチケットが売れなくなる。

なんてことも長期的に考えるとありえますよね。

 

ただでさえホールツアーをやりたがらない事務所が、ますます慎重になりますよ。

第三次ハロマゲドンも近いかもしれません。

とても明るい未来ではないですねぇ。

 

とにかく、転売する人間がいるからこそ市場にでているチケットもあるということ。

事務所もハッピーw

なんですわ。

 

ただしこの望ましい市場があるのは、定価を下回るチケットがあるから。

工藤遥ちゃんの卒業コンサートのようにチケットの奪いあいが起きていては叶いません。

利益を求めて転売する人間があつまり、ただただ悪い状況になってます。

 

転売チケットに育てられたヲタクとしては、悲しくて仕方がない。

今ではわたしも定価でチケットを買うようになりましたから。

いまもそんなヲタクの卵たちを育ててると思って、長期的にコンサート運営をしてくださいな。

 

~まとめ~

だからデカい箱でやれと…。



 

皆様の意見、間違った内容の指摘などがあればコメントください。

にほんブログ村 芸能ブログ ハロー!プロジェクトへ
にほんブログ村
↑ポチってくれると励みになります!

 - コラム ,