洗濯機の置き場所がないんで脱水機能つきの小型2槽式に買い替えたったわい!

どうもMet(@met_hell)です。

最近うつり住んだアパートには、洗濯機置き場というものがありません。

Met

1人暮らしやしいけるやろ!

ということで、あまり深く考えずに家を契約したわけです。

 

最初はぼんやりと”コインランドリー通い”を想像してました。

しかし便利なだけあり、けっこう出費がかさむというもんですよね。

洗濯板なんて使いだせば、時間がほしくて断捨離したのに本末転倒もいいところ。

 

そこで見つけたのが、小さくてカンタンに移動できる「小型洗濯機」というヤツ。

これなら洗濯機置き場や、専用の排水口がない家でも電気の力をかりて服が洗えます。

中でも脱水機能のある2槽式タイプが9,000円ぐらいで売ってたので購入してみました。

さっそく使っていきます!

動画が表示されない方はコチラ

思ったよりデケェ

Met

早速開封じゃい!

ALMISというメーカーの2葬式小型洗濯機「晴晴」AHB-02です。

小型と言っても、後ろのデスクトップPCにくらべれば余裕でデカいサイズ感。

測ってみましょう。

横幅500mm×奥行き350mm×高さ550mmぐらいでしょうか。

わたしとしては洗濯機置き場なしで使えるなら、多少デカくても文句ナシ。

そのぶん洗濯容量が2.6kgもあるみたいなんで、むしろちょっとラッキーですね。

 

排水ホースは裏側に出てます。

排水するときだけ、このホースを風呂場などに垂らして水を捨てます。

固定もしようと思えばできるので、排水口があるなら固定しちゃう方がいいですね。

 

操作はダイヤル式です。

左の洗濯槽、右の脱水槽ともにひねったぶんだけ回るというしくみ。

Met

めちゃシンプルやなぁ

 

真ん中のダイヤルでモードを選びます。

  • 水流がそこそこの標準モード
  • 水流がやさしいソフトモード
  • 洗濯槽内の水を捨てる排水モード

以上の3つがあります。

いざ洗浄

説明書の洗濯手順としては以下の4ステップ。

  1. 洗剤をつかって服を洗う
  2. 服を脱水槽にうつして脱水をする
  3. 服を洗濯槽に戻してすすぎをする
  4. 最後にもういちど脱水をして服を干す

とりあえず1回洗ってみましょう。

今回洗うのは、たまたまあったコイツたち。

  • バスタオル2枚
  • フェイスタオル1枚
  • ヒートテック上下1枚ずつ
  • 靴下2セット

1. 洗剤をつかって服を洗う

給水はふつうの水道からおこないます。

まず付属の給水ホースを洗濯機にセット。

そしてもう片方を水道の蛇口にセット。

水の量は自分で調整するみたいです。

出てますねぇ。

Met

チョロチョロしとんなぁ

水道を全開にすれば、けっこう早く溜まります。

 

水を止めたら洗剤を入れます。

今回は30L分(適当)

コレで準備完了です。

Met

Go!!

おぉ、挙動は全自動洗濯機さながらですよ。

ちゃんと両方向に回転します。

洗えてるんじゃないでしょうか。

 

ここからが小型洗濯機の本領発揮。

本体ごと風呂にもっていって排水します。

Met

そこそこ重いわい

水が入ってますからね。

ちょっと段差こえるぐらいの移動にしといた方がイイですわ。

2. 服を脱水槽にうつして脱水をする

洗濯できた服を脱水槽にうつします。

洗濯槽は2.6kgの容量があるのにくらべ、脱水槽は2.0kgとすこし小さめ。

今回はなんとか入りましたが、無理な場合は押しこむか2回にわけますね。

 

付属の抑えブタをセットして準備完了。

Met

いけェい!

めちゃくちゃ動きます。

音もガタガタいいます。

ここらへんは各自で対策しないと実用的ではないですね。

わたしは耐震マットを敷いたらだいぶマシになりました。

3. 服を洗濯槽に戻してすすぎをする

ふたたび洗濯槽へ。

水だけで回し、洗剤をすすいでいきます。

排水溝がある家庭なら、給水しながらのすすぎもできてラクですね。

Met

ワイんとこは無理やな

4. 最後にもういちど脱水をして服を干す

すすぎが終わったら最後の脱水です。

なぜか暴れかたが激しくなる洗濯機くん。

上のフタがパカパカうるさいので手で押さえます。

こいつはマスキングテープで止めるなり、工夫が必要ですね。

 

そして干す。

脱水がかなりしっかりしてるので、部屋干しでもすぐ乾きます。

Met

ニートで暖房つけてるからや

まぁそれもある。

2槽式小型洗濯機 AHB-02の特徴

実際に洗濯してみて感じた、AHB-02のメリットとデメリットをまとめてみます。

AHB-02のメリット

  • 洗濯機置き場のない家でもつかえる
  • ひとり暮らし1日分ぐらいの量なら余裕で洗える
  • 激しい水流でしっかり洗える
  • 脱水力が高く服の乾きがはやい

こんなカンジでしょうか。

基本的に求めるところは押さえてるなぁという印象です。

ちなみに柔軟剤ポケットみたいなものはないので、直でブチ込むしかないですね。

Met

柔軟剤つかう余裕あるなら全自動かうわなァ

AHB-02のデメリット

  • 音と振動がすごいので夜は使えない
  • ゴミ取りフィルターがしょぼい
  • 取っ手がつかみづらく、水を入れた状態で持ちあげるのが難しい

音と振動にかんしては普通の洗濯機ぐらいでしょうか。

小型だからとナメてましたね。

また小型洗濯機でゴミ取りフィルター付きってあまりなかったんですよ。

なのでAHB-02を選んだのですが、性能はお情けレベルといったかんじ。

 

まぁここまではイイ。

持ちあげるのが難しいというところはガチで辛いです。

いちどの洗濯で2回排水をするので、けっこうヘトヘトになります。

キャスターか何かさがしてみますわ。

まとめ

Met

全自動ってやっぱ便利やな

↓以前つかってた全自動洗濯機はコチラ↓

なんの文句もありません。

2 Comments

す~

洗濯機をコンロの上に置いてしまえば移動せずシンクに排水できると思うんですが・・・

返信する
Met

あのコンロ段差があっておけないんですよね…。
埋め込まれてなかったら捨ててますよwww

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください