Met生放送ダイジェストで振り返る2017年6月

   

ほぼ毎日行っているニコニコ生放送の、個人的に気に入った部分を切りとってTwitterにあげています。

その映像をもとに、2017年6月の振り返りをしていきたいと思います!

Met放送のダイジェスト用Twitterアカウント作りました。
生放送を振り返って、個人的にオモシロイと思った部分を投下するだけのTwitterアカウントを作りました。 ちょっとやさぐれてた懐かしい時期のもありますよw こんな感じでやってます。 評判が良かったのはこのあたりでしょうか。 昔のものは、まだ放出してないものが結構あるんでお楽しみにw ぜひ遊びに来てください ほぼ毎日、生放送してます。 いつも来てくださる方ホントにありがとうございます。 お時間ある方、お待ちしております! 放送場所 メイン:ニコニコ生放送 【ニコニコ動画】コミニ 企画放送時のみ同時配信:YouTubeLive 通知はコチラのTwitterアカウントでしてます。 @met_hellさんのツイート 皆様の意見、間違った内容の指摘などがあればコメントください。

 

6月の放送ふり返り

カントリー・ガールズ新体制発表

 

嗣永桃子ちゃんの卒業後、カントリー・ガールズが新体制での活動を行っていくと発表されました。

事務所の限界!カントリー・ガールズ新体制はやるしかないけどヲタもメンバーもキツイ
6月30日に嗣永桃子ちゃんの卒業がひかえているカントリー・ガールズですが、その後の活動について発表がありました。 ネットでは”実質活動休止”と言われているこの計画に、困惑するファンが続出しています。 本日の動画です。 桃子ショック カントリー・ガールズの今後の活動について かんたんに説明すると、 森戸知沙希ちゃん・梁川奈々美ちゃん・船木結ちゃん ’他グループへ移籍、学校の休日はカントリー・ガールズとして活動 ’兼任 山木梨沙ちゃん・小関舞ちゃん ’学業専念のため活動休止、学校の休日はカントリー・ガールズとして活動 ’期間限定の活動 ということでしょうか。 この新体制の理由として、事務所は 来年にはハロー!プロジェクトが20周年を迎えることもあり、日々のハロー!プロジェクトの活動をより精力的に行うため 引用:Hello!Project オフィシャルサイト という文を発表していますが、どうみてもそんな余裕のある状況ではないですよね。 そもそもコレによってホントに活動が精力的になるんでしょうか? 表現があいまいすぎて意味がわかりませんw 嗣永桃子ちゃんも前向きにはとらえているものの、どこか疑問が残る様子。 そりゃそうですよね、これからのカントリー・ガールズを託そうとしている最中ですし。 せめて卒業してからの発表にできなかったのかという部分はありますが、5人体制が始まった直後にこの発表というのもなかなか厳しいもの。 発表のタイミングとしてはコレが最善なのかもしれません。 また、カントリー・ガールズの楽曲についても、今後はDL販売のみを考えているということです。 結局はスタッフを浮かすための施策なんじゃないかと。 グループの数が飽和しているのと同様、スタッフの数も限界だといわれてます。 新しいことを始めるための犠牲になってしまったように見えますね。 先行き予想 兼任組がどのような道をたどるのか、予想してみます。 1. 素直に振り分け 発表どおり、既存グループに振り分けるというパターン。

梁川奈々美ちゃんが他グループに移籍するということで、つばきファクトリー行きを希望する声がおおかったですね。

『初恋サンライズ』のサビ前セリフを梁川奈々美ちゃんが言うシーンを想像しろとのコメント。

興奮するワイ

 

いきおいでワケのわからない宣言しちゃってます。

 

ヲタクの喧嘩

まぁ毎度のことですね。

しかし最近はハローの荒れ具合にともなってひどくなってる気はします。

 

主張はどんどんするべきだと思いますが、ただのうさばらしと言わんばかりに毒吐きまくってるのもいますねぇw

放送でもコメント同士のぶつかり合いがよくみられるようになりました。

そういった場をつくってる者として、これからも冷静に意見をのべていこうと思います。


 

ハロー!プロジェクト新体制発表

 

カントリー・ガールズから移籍するメンバー3人と、ハロプロ研修生からデビューが確定していた3人の行き先が発表されました。

 

まず、梁川奈々美ちゃんと段原瑠々ちゃんがJuice=Juiceへ。

サンライズ2段ジャンプ実行には至りませんでしたね。

あ~飛びたかったっすわぁ~w

 

おつぎは、森戸知沙希ちゃんがモーニング娘。へ。

新メンバーをむかえる姿勢に問題があるとして、ファンからは批判の声が相次いでいます。

まぁあのリアクションは仕方ないと思いますよ。

驚きもあるでしょうし、やっと13期とスタートを切ったところでしたからね。

 

あとの3人に関しては、コチラの記事で詳しく解説してますのでご覧ください。

第二次ハロマゲドン!?モーニング娘。アンジュルムJuice=Juiceカントリー・ガールズ大改編、衝撃のハロプロ新体制発表
6月26日に公開された「ハロ!ステ号外」で、ハロー!プロジェクトの新体制が発表されました。 おおくのグループを巻きこんだ大発表に、ファン同士の論争もおさまるようすがありません。 今回は発表に対するわたしの意見と、加入したグループの今後について書きたいと思います! 本日の動画です。 第二次ハロマゲドン ハロー!プロジェクト 新体制について 6月25日、とつじょ動画が公開されました。 ハロー!プロジェクトの新体制を発表する「ハロ!ステ号外」が、翌日に公開されるという。 なんと、カントリー・ガールズから移籍が発表された3人と、デビューが確定している研修生3人の行き先が発表されるとのことでヲタク大騒ぎ。 そして本編 まとめると ・梁川奈々美ちゃん、段原瑠々ちゃん ’ Juice=Juice ・森戸知沙希ちゃん ’ モーニング娘。 ・船木結ちゃん、川村文乃ちゃん ’ アンジュルム ・一岡伶奈ちゃん ’ 新グループのリーダー もちろんネットでは賛否両論の嵐。 否定的な意見としては 「J=Jは5人で完成していたからイジってほしくなかった。」 「娘。メンがあからさまに加入を嫌がってる顔をしていて、森戸ちゃんがかわいそう。」 「新グループ作るなら、カントリーに研修生が加入という形でもよかったんじゃないか。」 このあたりが多くみられますね。 いっぽう肯定的な意見は 「どんな化学反応が起きるのか、純粋に楽しみ。」 「事務所にしては妥当な振りかたではないか。」 「決まったものはしょうがないので応援します。」 という声が挙がっています。 カントリー・ガールズの新体制発表から間もないということで、いまだに整理がついていないファンが多いように感じます。 発表の直後にニコニコ生放送で行ったアンケートでも、わずかに否定派が上回るという結果に。 “第二次ハロマゲドン”とまでいわれるほどの思い切った発表。 受け入れるファンも意外と多く、個人的にはこの程度でおさまったかという印象。 なんだかんだでヲタクつづけるんですわ、わたしも含め。 加入によるグループの変化

 

引っ越し

 

アングルが変わってますね。

はい、引っ越しました。

滋賀に配属されまして、あらたな勤務地で日々残業にまみれてます。

 

さっさと仕事を終わらせて定時で帰りたいですが、残業が前提というほどの業務量。

3年以内に脱サラするつもりが、3ヶ月以内に目標変更しました。

 

野望

「リスナーさん同士のかかわり合いによって独自の文化を作ること」

これが、放送での目標です。

 

この完成形ともいえるかたちが、先日紹介したコウメ太夫さんのまいにちチクショー。

コウメ太夫の現在に衝撃、IT化によって復活してるのクソ笑うんだが
今回は、かつて「エンタの神様」で大ブームをまき起こした芸人のコウメ太夫さんのおはなし。 いわゆる一発屋としておなじみですが、インターネットのおかげで今ふたたび価値が見直されてるらしいんですwww 本日の動画です。 エンタ芸人の現在 コウメ太夫さんのネタといえば「チクショー!」ですね。 そんな誰もが知るネタを、毎日Twitterでつぶやいています。 まさしくつぶやきレベル。 すると「大転落からなにを学んだのか」といわんばかりに、ガチ指導をする “まいにちチクショー指導くん” が登場。 それも1人ではなく、つぎつぎと似たアカウントがあらわれます。 とうぜん二番煎じになればおもしろさも薄れるわけですが、それで終わらないのがTwitterというもの。 リプライに対して指導をする”指導くんを指導くん” や “指導くんを批判くん” 、 “指導くんを擁護くん” なども登場。 いちばん笑ったのは、「批判くんの後輩」ですね。 「批判さん本当はイイやつなんです!」とか言いまわってましたwww 完全にコミュニティが出来上がってるんだなぁと。 他には、つぶやきを外国語に翻訳する”まいちくチク翻訳くん”がいたり、翻訳くんを翻訳したり。 “モールス信号翻訳くん”もいましたねぇ。 どんどん連鎖していきますw さらには、よい医者を紹介しつづける”まいチク専用クリニック” なんてのもw とどまるところを知りません。 エンターテインメントの変化 IT化によって、一発屋にかぎらずエンターテインメント全体が大きな変化を遂げました。 それこそ、「エンタの神様」をブラウン管で毎週みていた時代なんてのは、自分とコンテンツ1対1。 多くてもせいぜい家族や友達ぐらい。 そこでゲキ寒ギャグなんてやろうもんなら、もれなくチャンネル変えますよ。 ところが現在は、繋がりあった人間とコンテンツの1対n。 コンテンツに対する他人の反応をみるという楽しみや、自分の反応を見てもらうという楽しみが広がりました。

1つのつぶやきにたいして、いろんな人がいろんな視点でリプライを返します。

戦争がおこりそうなぐらい激しい言い争いも毎日くり広げられています。

 

しかし、元をたどればクッソしょーもない一発屋のネタツイート。

このおもしろさよ。

 

ももち卒業

 

℃-uteの解散に続き、嗣永桃子ちゃんもハロー!プロジェクトを卒業。

さすが12年モノの完成度・・・。在宅が語るプロの引退「嗣永桃子ラストライブeありがとう おとももちe」
6月30日に、カントリー・ガールズ 嗣永桃子ちゃんの卒業ライブである「嗣永桃子ラストライブeありがとう おとももちe」が行われましたね。 当日はかけつけることができませんでしたが、ありがたいことにニコニコ生放送で映像配信アリ。 ふだんは参加した現場のレポをしていますが、今回のライブは映像だけでもそうとう素晴らしいものでした。 ということで感想を述べていきたいと思います。 本日の動画です。 カントリー・ガールズの存在意義 Berryz工房の活動休止後に結成されたカントリー・ガールズ。 アイドル継続をのぞんでいた嗣永桃子ちゃんの救済措置グループではないかといわれています。 このラストライブをみると、その側面が強かったんだろうなと思わされました。 嗣永桃子ちゃんが主役であるライブとはいえ、正規グループ扱いのカントリー・ガールズとしても最後のステージとなってしまいましたからね。 そんななかでの『愛おしくってごめんね』。 本来、プレイング・マネージャーとしてメンバーたちを見守っていた曲のはずです。 しかし今回は卒業公演ということで嗣永桃子ちゃんがどセンター、なんとも複雑な思いでしたよ。 皮肉なことに、プロとしてもちろんカンペキにこなします。 島村嬉唄ちゃん’梁川奈々美ちゃん’嗣永桃子ちゃん・・・ 結局コレや! というような収束感がハンパなかったですね。 新体制発表でも、嗣永桃子ちゃんがいないと続けることはムズカシイという印象を与えてしまいました。 カントリー・ガールズ=嗣永桃子ちゃんの救済措置グループというのはホントだったんだろうと、今ではわたしもおもっています。 ほかの5人には、そのイメージを払拭するという課題が残されることに。 ゆび折り演出 話題となっているのが、ラストで小指を曲げるシーン。 ももち=小指というイメージを与え続けたからこそ、曲げるだけでこれほどのメッセージ性が感じられます。 キャラクターの一貫性が産んだ素晴らしい最後ですね。 長くつづくアイドルが減ってしまった今、なかなか真似できないレベルの演出でした。

(℃-uteに関しては語るタイミングがありませんでした、申し訳ありません。)

 

これでキッズメン全員が卒業となりました。

わたしは94年生まれなので、菅谷梨沙子ちゃん、鈴木愛理ちゃん、岡井千聖ちゃんと同い年。

成長を見守りながらも、ともに育ってきたヲタクです。

それもあってか短かったとは思いませんね、長い間おつかれさまという感じ。

 

これから応援するのはほぼ年下。

古参はコレを乗り越えてきたんだなぁと。

また1つ、ヲタクの階段を登ってしまいました。

 

 


ぜひ遊びに来てください

 

ほぼ毎日、生放送してます。

いつも来てくださる方ホントにありがとうございます。

お時間ある方、お待ちしております!

 

放送場所

メイン:ニコニコ生放送



ニコニコ生放送のタイムシフト(振り返り)視聴には、プレミアム会員登録が必要です。

 

企画放送時のみ同時配信:YouTubeLive

 

YouTubeでの放送は、動画として残りますので無料で見れます。

 

通知はコチラのTwitterアカウントでしてます。


 


 

皆様の意見、間違った内容の指摘などがあればコメントください。



 - 生放送 ,