ちゃんとお金返してくれる100円ロッカーは真面目か!自販機で回収するんや

   

100円ロッカーってありますよね、その名の通り100円を入れて利用するロッカー。

せっかく預かった100円、店舗側がしっかり回収しないともったいなくね?

なんてことを、利用するたびに考えてしまうのですが…。

 

 

なんのための100円?

 

100円ロッカーといえば、100円をいれるとカギがしまって荷物を預けることができるというロッカーです。

ライブハウスなどでよく目にするヤツですね。

大半のものは、カギをあけると100円が返ってきます。

 

そもそも「返すのになんで100円いれるん?」って思うじゃないですか。

あれを無料にしちゃうと1人でいくつも使う人がでてくるので、一時的にお金を預かるんだとか。

たかが100円ぐらいならあんまり意味ない気もしますがw

心理的なハードルとして効果があるようです。

 

また、子供のおもちゃになるのを防ぐというのもひとつの理由。

たしかに、友達のゲームを隠すとかしょーもないコトしそうですもんね。

それでカギを紛失でもされたら、たまったもんじゃないです。

子供にとっては100円も大金なので、一時的に必要とするだけでもかなりの抑止力なんでしょう。

 

無駄なようにみえる一時的な100円も、ちゃんと意味があったんですね。

 

そんな100円ロッカー、当たり前ですがちゃんとお金を返してくれます。

わたしたちも当たり前のように、財布へお金をもどすじゃないですか。

メチャもったいないなぁって思うわけですよ。

せっかく財布から出てるのにィ!




100円自販機を設置セヨ

 

ロッカーからでてきた100円をしっかり回収するためには、ちかくに100円自販機を置けばいいんじゃないかと。

”100円”自販機ですよ?最近のはホンマ高いですから。

よくある120円自販機だったら、あとの20円を出そうとしたときにロッカーの100円をそのまま財布に戻しちゃいます。

「100円きっちりいただきます、財布をだす手間はとらせません!かわりにジュースをどうぞ」ということですわ。

 

銭湯のロッカーだったらより効果的。

風呂から脱衣所にでたらまずロッカー開けますよね。

そしたら途端にでてくる100円。

「さぁワイをどうするんや!」と言わんばかりに急かしてきよるんですよ。

こっちは全裸だというのに。

 

いったんお金をどこかに置こうとしたとき、目のまえにビンの牛乳が売ってたらどうしますか?

「100円あるし、ちょどいいわ」ってなりますやん。

むしろ牛乳を買うために財布からお金をだしたという錯覚すら生まれます。

ただ風呂上がりに牛乳を飲みたいという甘えなんですが、100円が手元にあるだけでイロイロ言い訳できちゃう要素がもりだくさんなんですね。

 

そんな100円、みすみす逃す手はありませんよ。




財布の紐というハードル

 

ロッカーから出てきた100円が回収しやすい理由は2つ。

 

決済までのステップが減る

 

ロッカーから出てきた100円をつかう場合は、

  1. 財布を取りだす
  2. 財布を開く
  3. お金を取りだす

これらのステップを飛ばしてるわけです。

お金をはらうまでのハードルが下がっていることは言うまでもありません。

 

なにか行動を促すには、必要なステップが少なければ少ないほどイイ。

ステップの数だけ考える時間を与えますから、少ない手数で直感的に行動を完了させることが大事ということ。

 

モチベーションの観点からも、ステップの数は重要です。

勉強を始めようとしたとき「カバンから教科書とノートを出して…」とか考えるとめんどくささが強くなってきて、けっきょく勉強しないとか。

よくありますよねw

 

参考書籍

心理・行動実験の結果をもとに”モチベーション”を解きあかす本です。

▼関連記事
やる気が起きない原因とは?今すぐにモチベーションをあげる10の方法

 

ロッカーから返ってきた100円には、逆に財布へ戻すほうが手順を感じます。

だったらジュース買おうかなとなるわけですわ。

 

損からプラマイゼロへ

 

財布から直接お金をだす場合はもちろん出費ですから、”マイナス”の要素をつよく感じます。

しかし、いったんロッカーに入った100円ならどうでしょう。

ロッカーから出てきた100円をみて「ラッキー」と思ったことありませんか?

わたしはいつも思うんですがw

 

一時的といえど、お金を預かることで「自分の100円」という感覚を減らすんですね。

 

人間は「得をしたい」よりも「損をしたくない」という気持ちの方がつよいといわれています。

出費であることには変わりないのですが、精神的なハードルを下げることができるというわけです。

 

参考書籍

サンデル教授でおなじみの「トロッコ問題」をはじめとした、さまざまな思考実験をひも解きます。

損得への感情に関するデータも盛りだくさん。

数学的な問題では、直感による答えのもろさが暴かれました。

感覚的な視野を広げてくれる本です。

 

まとめ

自然に財布からお金をひきずりだす100円ロッカー。

考えた人は天才としか思えませんわ。

 


 

皆様の意見、間違った内容の指摘などがあればコメントください。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ポチってくれると励みになります!

 - 意見、考察