幼少期のツケ、今ここに。銀歯をいれるメリットとデメリット

   

最近、銀歯をいれました。

たかが銀歯だとナメてましたよ…。

けっこう変わるもんやなぁorz

 

 

銀歯いれましてん。

 

どうも、Met(@met_hell)です。

 

3カ月ほどまえ、おしゃぶり昆布にハマってたんですよ。

「なんやコレ両手浮くし最高や~ん」

モグモグモグモグ……バキィイ!!

 

歯がイキました。

亀裂が入り、垂直に真っぷたつ。

超絶めんどくさがりのワイ、放ってたらなんとかならねぇかな~と。

しかし、ご飯食べてたらパカパカしてきたんで大人しく歯医者へ行きました。

 

どうやら、歯がよわってたようです。

象牙っていう歯の中身がダメになると、エナメル質が作られなくなって割れやすくなるってさ。

完全に幼いころのツケが回ってきましたわ…。

 

けっきょく歯を根元までとって、神経も抜いて

仮止めがチーズみたいな味で吐き気が止まらなくなったりしつつ

なんだかんだで銀歯になりました。

 

「たかが一本銀歯になっただけや」

な〜んて思ってたらコレがもう全然ちがう。

ハッキリ言えばトータル辛いです。

イイところ、悪いところを詳しく書いていきます。




メリット

 

値段が安い

 

銀歯いれおわるまでで、保険つかって7,000円ぐらいでした。

神経を抜くのに1,000円×3回

型取りにこれまた1,000円

そして銀歯いれるのに3,000円と。

 

セラミックだと10万円ぐらいするみたいなんで、まぁ頼らざるを得ないところはありますね。

なにも考えずに歯医者いくとこうなりますよ。

 

…メリットこれぐらいです。

なんならその価格面ですら、見極めどころが肝心だと思いました。

 

パカパカしてるところだけ治してほしいとお願いしたんですが、気づけばドンドンほかの歯に。

「掘ってみないとわかりませんねぇ」→掘る

「まだ大丈夫ですねぇ」→埋める

その繰り返しでしたわ。

通院3回目にもなれば行くのが当たり前になっちゃって、ほとんど言いなりでしたから。

 

治す側にしても、ソコに治療の余地があるならみすみす他の歯科にはわたさないですよ。

そりゃね。

ただいつまで続くのかという恐怖から、ブッチしましたm(_ _)m

 

っと、いつの間にかデメリットみたいになってましたがw

とりあえず銀歯いれるまでなら値段は安いよということです。




デメリット

 

見た目がわるい

 

これは想像つくと思います。

私の場合は奥歯だったのでマシとはいえど、やはり特別な存在感がありますよ。

 

あのキラリと光る星が、はじめて鏡で見えたときの絶望感…。

やっちまったと。

しかし後悔先に立たず。

歯ブラシの毛を抜いてあそんでた過去のワイを殴りにいきたい。

 

ほかの歯も見た目がわるくなる

 

銀歯を入れてから、ほかの歯がすこし黒ずんでしまいました。

よく見れば程度ではありますが、

それでも嫌やんorz

 

なんでも銀歯の成分が溶け出してるんだとか。

削るしかないんだってさ。

2回目の絶望。

 

食事がツラい

 

アツアツの味噌汁などを飲むと、もれなく歯茎にしびれがきます。

銀歯の熱伝導率が良すぎて、温度をほぼダイレクトに伝えてくるんですよ。

 

なんというか、釘を打たれてる感じ。

これぞ日曜大豆(大工)!!

…この寒さもダイレクトに伝えると。

 

まとめ

歯磨きしててもなるもんはなるわ。

 

<PR>
虫歯治療が1日で完了する、通わなくていい歯医者


 

皆様の意見、間違った内容の指摘などがあればコメントください。

にほんブログ村
↑ポチってくれると励みになります!

 - 商品レビュー, ライフハック