自信がないなら手を動かせ!LCDで手軽に成功体験してみた

      2017/08/06

こんなん絶対無理やわぁ…

 

今こそ成長のチャンス!?

そうやって壁にぶち当たってみるものですね。

 

つい最近、LCDというものを使ったのですが、身構えていた割にかなり簡単だったんです。

 

これがLCDと言われる、文字を表示したりする液晶です。

dsc_0677

超めんどくさそうですよね、足何本あるねんコレ。

こいつをArduinoで動かしました。

 

 LCDを動かしてみた >>

 

LCDを、このArduinoにつなげて光らせます。

dsc_0673

Arduinoとは、様々な部品をすぐに使えるようにセットしてくれた、マイコンボードと呼ばれるものです。

これにセットされている部品のマイコンに対し、パソコンを使ってプログラムを書き込むことで、Arduinoにつなげた部品を制御することができます。

 

 

dsc_0679

ジャンパー線で接続、意外と簡単。

あとは専用のソフトでプログラムを書き込んで完成です。

 

プログラムと配線は↓の動画を参考にしました。

 

dsc_0670




有能な成功体験製造機 >>


以前のLCDに対するイメージは、様々な電子モジュールの中でも特にめんどくさそうでした。

いちいちドット単位で座標を指定しないといけないのかなーと思っていましたので。

 

しかし、やってみると意外とあっさり…なんで?

実はLCDには回路が入っていて、文字信号を送るとちゃんと文字として表示してくれるらしいのです!

なんやそれ!!最初から言ってや!!ってなります。

LCD<言ってたんだよなぁ…

勝手に拒絶していただけでした。

 

これすなわち成功体験ですよね。

成功体験は、自信をつけるのに有効な手段だと言われます。

その1つとしてLCD、どうですか?w

 

LCDキャラクタディスプレイモジュール 16×2行 バックライト付白抜き

 

おわりに >>


新しい世界に足を踏み入れることが多くなったからか、考えてから行動に移すまでのスピードが上がってきていると感じます。

kindleに手を出せたのも、多分そのおかげです。

Kindle で生活密度が上がった

 

ぜひ、自分にちょっとした負荷をかけることで成長を促してみてください。

 - ブログ, テクノロジー, ライフハック , ,