ついに解禁!モーニング娘。’17 64thシングルのタイトルを発表、ラジオで初オンエア

      2017/10/22

モーニング娘。’17の64枚目シングルが10月4日に発売されます。

曲のタイトルが発表され、詳細も徐々に明らかとなっています!

 

本日の動画です。

動画内で”どうきゅう”と言ってますが、正しくは弩級(どきゅう)です!
もうしわけございませんm(_ _)m

 

 

ついに解禁

 

モーニング娘。’17、2017年10月4日に64枚目のニューシングルリリース決定!

 

収録曲は、

『邪魔しないで Here We Go!』

『弩級のゴーサイン』

『若いんだし!』

以上の3つ。

今回もトリプルA面シングルのようですね。

 

工藤遥ちゃんのラストシングルということで、情報が心待ちにされていました。

一時は「11月に発売される」なんてデマ情報も広まりましたが、いよいよ公式から発表。

卒業を実感させるということで、悲しみの声もチラホラきこえてきます。

 

9/2に放送されるラジオ「ヤングタウン」と「モーニング女学院」で初オンエアされるとのこと。

タイトル発表から発売までが1カ月ほどしかありません。

曲の詳細やMVなど、情報がたてつづけに出てきそうですね。




工藤遥ラストシングル

 

さっそく、つんく♂さんのライナーノーツが公開されました。

つんく♂『モーニング娘。17 2017/10/4 sg ライナーノーツ』
邪魔しないで Here We Go! 工藤がモーニング娘。を卒業したいとかそういう話が耳に入ってきてから、仕上げていった曲です。 卒業する人のためのメモリア&

 

今回は2曲、

『邪魔しないで Here We Go!』

『若いんだし!』

これらを手がけたそうです。

 

しかも、2曲とも工藤遥ちゃんを意識した楽曲とのこと。

このご時世になんて贅沢

盛大な卒業記念シングルになりそうですよ。

 

『邪魔しないで Here We Go!』は悲しげだけどダンスミュージックだそうで。

『冷たい風と片思い』みたいな感じなんでしょうか。

 

ただタイトルにしても、工藤遥ちゃんらしい伸びやかさが含まれてるのかなぁと。

 

きっとずっといろんなことを思い、考えていただろう10代の女の子。

大好きで大好きで二人はずっと一緒にいたのに、いつの間にか、言いたくても言えないことが胸の中に溜まって行った。その子が何かを言い出すのって、相手からしたら急かもしれないけど、本人はずっと前からきっと何らかを感じていたんだろうね。

 

そして、その気持ちを相手に伝えると急に慌てられて、すったもんだ・・・

引用:つんく♂ Official Blog

 

言いたいことを胸に溜めるだけでなく、ちゃんと伝えるんですね。

シーンこそ違うもの、伝えたいことがあるという部分で共通している『冷たい風と片思い』とは異なる人物像がうかびます。

飛び立つ側の気持ちが込められている歌なんでしょう。

 

一方『若いんだし!』は送りだす側のエールソングとのこと。

 

工藤の卒業エールソングでもありますが、この先のモーニング娘。のライブのシメであったり、アンコールであったり、いろんな場面で笑いながら涙する曲として定着して行きそうなそんな予感です。

引用:つんく♂ Official Blog

 

ライブのシメで定着する曲は、メンバーを送りだすほどに魅力が増しますよね。

メジャー調ということで、最近だったらアンジュルムの『友よ』みたいな曲を想像してます。

 

しかし定着をねらうならば、広く使えるように卒業メンバーのイメージをなるべく連想させないようにする必要があるかと。

 

この曲は、工藤を送り出すイメージの曲ですね。

でも、結局それはどういうことか。

それは、若者へのエールソングだということです。

引用:つんく♂ Official Blog

 

それも把握ずみということなんでしょうか。

あまり工藤遥ちゃんの直接的な表現はないんだろうなと予想。

 

▼MV分析




グループとしての路線は?

 

となれば残る『弩級のゴーサイン』は星部ショウさんが手がけたのでしょうか。

つんく♂さんの手がける曲が2つとも工藤遥ちゃんメインということですから、必然的に『弩級のゴーサイン』から通常時のモーニング娘。を読み取ろうとしてしまいます。

 

現在のモーニング娘。では、

・もともと事務所が推していた牧野真莉愛ちゃん

・将来性をもって加入した横山玲奈ちゃん

・カントリー・ガールズから移籍した森 戸知沙希ちゃん

この3人をセンターで推すべきかなと。

 

しかしどのように頑張ってもまとまる姿が想像できません。

溢れるメンバーがでてくるハズ。

だからこそ、この1曲で頭角をあらわしたメンバーに大きな期待を抱くことになりそうです。

 

とはいっても、個人的にはセンターが決まっていない体制を求めてます。

いくら明確にセンターを決めたところで、それぞれのメンバーに”適材適所”がなされていないと精錬されたイメージは無理ですよ。

 

なにより、いまのモーニング娘。がもつ最大の魅力は、エース不在で中途半端に推されてきた多数のメンバーたちから感じる”バラエティ感”なんじゃないかと。

そこが活かされている曲を期待しています。

▼MV分析
ジカジョーにモーニング娘。’17 『弩級のゴーサイン』のMVを分析・考察してみた

 


 

皆様の意見、間違った内容の指摘などがあればコメントください。

にほんブログ村 芸能ブログ ハロー!プロジェクトへ
にほんブログ村
↑ポチってくれると励みになります!

 - ハロプロ関連ニュース, モーニング娘。 ,