お も ろ い パ ン。 感じる消費者行動の変化とネーミング

   

お も ろ い パ ン

みつけました。

 

本日の動画です。

 

 

名前でわらかしにきよる

 

わたしが見つけたおもろいパンがこれ↓

 

ミニスナックゴールドmini

近所のピアゴで\120円ぐらいでした。

 

もう名前で買ったわw

 

「ミニスナックゴールド」

ご存知ですよね。

そう、ミリオンセラーのアレです。

 

 

好きでよく食べるんですが、

全然ミニじゃないんですよ。

だいたい二日にわけて食べてますからwww

もはや食欲というよりも「ツッコミ食いができる」という魅力でお金だしてます。

 

そんな、あらぬ価値をみいだされた”スナック界の金メダル”くん。

「ボケてないねん」と。

だったらミニにしてやるよ(怒)

 

「ミニスナックゴールドは”ミニ”ではない」と認めたといってもいいでしょう。

このとき世界が動いた、ヤマザキ渾身の一作!

ひとあし先のオリンピック開幕やァ!!(?)




ツッコミ欲をあおる

 

名前で笑わせてくる商品といえば、すこし前にU.F.Oが話題になりました。

 

 

プチU.F.Oビッグ

プチ・・・ビッグ・・・・・

どっちやねん

と、ツッコミ欲をあおってきますよね。

 

純粋なおもしろさとともに、よくかんがえられているなぁと。

こういった流れからは、消費者がモノを買うまでの行動が変化したということを感じさせます。

 

商品のネーミングによるねらいとしては、

・商品を的確につたえる、疑似体験させる
・商品のイメージをつよめる

などがあると思います。

 

総じて言えるのは、

購入意欲へつなげる

ということ。

 

”ツッコミ欲をあおる”というと、一見コレとはかけはなれてみえます。

しかしそこは商売、タダではツッコませない。

ツッコミをSNSなどに投稿させることで、共有・宣伝をうながしているんですね。

 

「ネタ提供するから拡散してくれな」

してやられました。




ホンキで作ってます

 

しかもこれ3つ入りなんですよ。

値段もふつうのミニスナックゴールドと同じぐらい。

質量保存してる?

 

まさしくこれは消費者のため・・・

ネタのためや!!

 

ミリオンセラーレベルがネタに走った時の破壊力はやはりすさまじい。

というか元々ネタみたいなもんですからねぇ。

 

しかし、おなじみのコノ味はバカにできません。

いや、爆笑レベルのおいしさや!

 

まとめ

吹いたら買え

 

ミニは通販ないんですかねぇ。

店頭で探してみてくださいw

 


 

皆様の意見、間違った内容の指摘などがあればコメントください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ポチってくれると励みになります!

 - 商品レビュー