免許取得をしたくなったんだが・・・。運転免許をとるホントの価値とは。

      2017/08/06

こんばんは、Metです!

 

先日、免許を取得するかどうか悩んでいるという記事を書きました。

免許取得の必要性がわからないんだが・・・。コレが若者の主張

 

免許の必要性を感じないという私の意見に対して、興味深いコメントをいただきましたので紹介します。

また自分の意見も少し変わりましたので、改めて考えを書いていきたいと思います。

 

”運転資格”以外の価値がある? >>


コメントを一部抜粋させていただきます。

運転できるようにするだけならば、実技試験だけでよいはずです。
交通法規を教えるのは本当に違反をさせないためだけでしょうか?
それなら我々は犯罪を犯さないために刑法を学ばさせられるはずです。
しかし学校教育には刑法の授業がないどころか、法治国家である以上知っていて当然というのが建前ですよね。
ゆえ に交通法規を教えることもルールを学び違反をさせないためだけでなく、人間性の向上や思考の拡張を図り、よりよいパーソナリティの獲得をも目指していると言えます。

2016年10月4日 8:45 PM たいせい さん

つまり、

運転する技術や資格を得るほかに、交通法規を通して人との関わりには欠かせない思いやりの心などを養うことができる。

…ということでしょうか?

 

なるほどねーと思います。

免許の必要性について調べると、「免許を持っていない人はちゃんとした大人に見えない」という意見が結構ありました。

免許を持っているということは、免許を取得する過程で人間性が十分に育っているという証明になるのですね。




大学と似てるかな >>

大学の最も大きなメリットとして、一般的なのは卒業認定でしょうか。

しかし、実力社会が進みつつあり、学歴は将来的に意味をなさなくなってしまうかもしれません。

ここが、自動運転が発達した時代における免許の運転資格に似ていると思います。

 

また勉強という点では、大学の講義では課題を与えてくれるので、受け身で学習をしていても一定のレベルまで知識や技術を引き上げやすいの大きなメリットです。

一方、自分から進んで勉強をする人であれば、自分にあった課題を自分で設定できるので、年間100万以上も払って大学に行くのは割に合わないのではと。

その学費を生活費にあてて、働かずに勉強しまくるべきだと思います。

つまり免許でいうと、交通法規を学ぶという目的だけを考えるのであれば、高いお金を払って教習所を頼らなくてもいいのではないかということです。

 

ということで二輪狙います。 >>


とるんかい!って感じでしょうか。

 

教習所を頼らなくてもいいと思うのは、あくまで交通法規に対する学習意欲のある人だけです。

私の場合、交通法規による恩恵が今すぐ必要かと言われるとそうでもないので、意欲もそれほどありませんwww

であれば、安い(?)二輪免許を取得する過程で交通法規を一定のレベルまで養おうと考えました。

今の私にとって、教材の選択肢の1つとしては十分に魅力があると感じます。

 

交通法規によって学べることがわかったら、お財布と相談を始めますネ( ;∀;)

 

 - ブログ