後悔しても遅い!? 大学生活を充実させるためにやっときゃよかったと思うたった1つのこと

      2017/08/20

こんにちは、Metです。

 

夏休みも終わり、学生生活も残すところ半年となりました。

焦りを感じています。

なんもしてねぇなと…。

ということで、猛烈に後悔している学生生活でやっときゃよかったことを紹介しますw

 

 

 

 

講義をネットに横流ししときゃよかった!!

%e5%8b%95%e7%94%bb

講義を録画をするということではなく、伝言ゲームみたいなもんですね。

 

講義をネタにして、ブログや動画を作成しておけばよかったと。

しかも内容そのままで考えなくていいのは最高です。

 

バカばかしいかもしれませんが、いろんな面で効果があると思うんですよ。

講義を横流しすることによって得られる効果を3つ紹介します。

 

聞くことに集中する!

%e5%8b%a2%e3%81%84

ネタにするために、授業をガチで受けるようになります。

 

「ここテストにでるぞー」というように、あとでその知識をつかうことが分かっていれば集中して聞きますよね?

それを毎回の講義でおこなうということです。

 

でも講義を休んでしまったら大変ですよ。

友達から必死に授業内容をきくハメになりますからw




知識が定着する!

%e3%81%b2%e3%82%89%e3%82%81%e3%81%8d

ネタにするということは、講義の内容をかみ砕く必要があります。

理解が深まるという効果が期待できます。

 

自分が理解していないことというのは、他人に説明しようとして初めてわかることが多いです。

「無知の知」

ってやつですね。

 

私はニコ生で講義内容をよくネタにしてましたw

それからというもの、話を聞くときは自然と「他の人がわかるように説明できるか」ということを検証しています。

とり入れた知識がまだ新鮮なうちに、キチンと処理するというのも大切かもしれません。

 

学費が稼げるかも(笑)

%e3%81%8a%e9%87%91

真面目に言ってますよ?w

 

教授といっても十人十色。

”希少な知識”をもっている方が多いです。

 

例えばわたしが受けていた授業ならば、

・日本に数名しかいないエビ専門の研究家
・宝塚歌劇で経済学を語ってくれる教授

などがいましたねぇ。

 

もちろん希少性には価値があるので、ネットでも意外な需要があるんじゃないかと。

マジ希少性の宝庫ですよ。

 

しかし、そうすんなりとネタ提供はしてくれません。

ホントは研究に時間をつかいたい教授の闇は深い・・・

作業的な講義ばかりなんですよね。

 

そのために

・「聞き漏らさない」
・「言葉をかみ砕く・掘り下げる」

ということが重要です。

まぁ中には講義自体がアミューズメント施設のおまつり教授もいますがwww




 

これホントにやっときゃ良かったと思ってます。

 

「こんなのやっても大丈夫なの?」という声もあるかもしれません。

しかし、年間100万円以上かけて得た知識をどのように使おうが勝手なんですよ。

 

ダメだとしたらぼったくりです。

 

まだ学生の方、ぜひやってみてください。

おもしろい講義内容であれば報告もください、見たいんでw

 

まとめ

ジンセイすべてがネタになる!

 


 

皆様の意見、間違った内容の指摘などがあればコメントください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ポチってくれると励みになります!

 - ブログ, ライフハック , ,